「京王ライナー」5000系を1本増備 京王、2019年度の鉄道事業投資計画を発表

「京王ライナー」5000系を1本増備 京王、2019年度の鉄道事業投資計画を発表

5000系電車(画像:京王電鉄)。

車両のリニューアルも推進!

 京王電鉄は2019年4月26日(金)、有料座席指定列車「京王ライナー」のさらなる運行拡大を目指し、同列車などに使う5000系電車(10両編成)を1本増備すると発表しました。

 2019年度の鉄道事業設備投資に盛り込んだもので、車両ではこのほか、京王線の8000系電車3本(26両)、井の頭線の1000系電車3本(15両)をリニューアルし、各車両に車いす・ベビーカースペースを設けます。また、車内防犯カメラも設置します。

 駅については、ホームドアを東京スタジアム(味の素スタジアム)の最寄り駅である飛田給駅に設置。転落防止固定柵は仙川駅、分倍河原駅、橋本駅の一部に設置します。京王稲田堤駅1番線(下り)ホームにはホームと車両のすき間対策として、転落防止ゴムがホームの縁に取り付けられます。

 連続立体交差事業の進む笹塚〜仙川間では、用地取得が進められるほか、高架橋の基礎杭工事などが実施されます。

 これらのほか、踏切への監視カメラ設置、高架橋やトンネルなどの耐震補強、車両自動放送装置の英語対応なども推進。投資総額は297億円です。

関連記事(外部サイト)