5000形新造や「EXE」リニューアルなど推進 小田急、2019年度の鉄道事業投資計画を発表

5000形新造や「EXE」リニューアルなど推進 小田急、2019年度の鉄道事業投資計画を発表

リニューアルされた30000形「EXEα」(2016年12月、恵 知仁撮影)。

「ロマンスカーミュージアム」計画も進行!

 小田急電鉄は2019年4月26日(金)、新型通勤車両5000形電車の新造や特急「ロマンスカー」車両30000形電車「EXE」のリニューアルなどを盛り込んだ2019年度鉄道事業投資計画を発表しました。投資総額は327億円です。

 鉄道車両は、2019年度中の導入を目指して5000形電車を製造。30000形「EXE」の1編成は、外観や内装などをリニューアルし「EXEα」とします。通勤車両1000形電車2編成も車いすスペースや自動放送装置の設置などといったリニューアルを行います。

 駅では、参宮橋、向ヶ丘遊園、片瀬江ノ島の各駅駅舎のリニューアルを推進。下北沢駅は駅商業施設や通路部の整備を進めます。代々木上原(1・4番線)、東北沢、世田谷代田、梅ヶ丘の各駅にはホームドアを設置します。

 土砂崩壊などの被害抑制のため、2019年度も愛甲石田〜伊勢原間、東海大学前〜秦野間で法面を改修。愛甲石田駅と小田急多摩センター駅では地震対策として点状補強工事を、新百合ヶ丘〜柿生駅のトンネルでは耐震補強工事を行います。

 海老名駅の隣接地では、「“子ども”も“大人”も楽しめる鉄道ミュージアム」をコンセプトとした、小田急の歴史を後世に伝える「ロマンスカーミュージアム」が建設されます。2021年春の開業を目指して工事が進んでおり、2019年度は施設建物の建築が進められます。

関連記事(外部サイト)