路線バス車内に「茶室」! 障子、畳、ポールは竹!? 「宇治茶バス」の内装がスゴイ

路線バス車内に「茶室」! 障子、畳、ポールは竹!? 「宇治茶バス」の内装がスゴイ

茶室をモチーフにしたという「宇治茶バス」の内装(画像:京都京阪バス)。

車内に「茶室」をしつらえたというコンセプトの路線バスが京都府内で運行中。窓は障子風、シートは畳風、さらにポール類は茶室の柱のように竹を模した造り。このバス車内で実際にお茶をたてることも可能だそうです。

「黄金の茶室」をバス車内に

 宇治市など京都府南部地域を走る京都京阪バス(京都府八幡市)のバス路線で2019年3月下旬から、「車内に茶室をしつらえた」という「宇治茶バス」が運行されています。

 バスの車体には、茶摘みの風景や茶壷のイラストをラッピング。横開きの中扉のガラスは障子風、車体左後方の側窓は、木製の格子とハート型の窓を配置したようなデザインになっています。このハート型の窓は、京都京阪バスによると、宇治田原町にある正寿院の「猪の目(いのめ)窓」がモチーフとのこと。

 内装はさらにユニークです。床や壁は木目調で、シートの座面には畳のような模様が。一部のポール類には、茶室の柱に使われる竹を再現したようなカバーも取り付けられています。「猪の目窓」が設けられている最後部の左側は、鉄道でいうボックス席のような向かい合わせのシートで、そのあいだにテーブルを配置。さらにその付近には「茶」の字を書いた掛け軸までかかっています。

 京都京阪バスは「宇治茶バス」について、「全部、印刷です」としたうえで、内装は「豊臣秀吉が造らせた『黄金の茶室』がモチーフ」だといいます。誕生の背景を京都京阪バスに聞きました。

――なぜ「宇治茶バス」を造ったのでしょうか?

 京都南部の特産である宇治茶をアピールすべく、「お茶の京都DMO」(宇治茶のブランド化などに取り組む一般社団法人)とともに企画しました。鉄道では内装に凝った列車がありますが、バスでそれをできないかということになり、「バス車内に茶室をしつらえる」というコンセプトに至りました。かつ、近年は正寿院の「猪の目窓」が観光客に人気であることから、茶室の「猪の目窓」越しに景色を眺められるようにしたのです。資金については、府の茶業会議所とJA京都やましろに協力を仰いで援助いただきました。

「茶会」できます!

――力を入れたのは、どのような点でしょうか?

 内装の多くは印刷(ラッピングやカバーなど)ではありますが、竹の節目など、立体感のある印刷技術を持った会社にお願いしたからこそ実現しました。また、掛け軸はふだんは印刷したレプリカですが、イベントなどでは本物を掛け、テーブルに茶釜や茶器を用意します。なお、運転席の後ろ(前輪タイヤハウスの上)には茶壷を展示しているのですが、これは宇治の茶店・中村藤吉本店からお借りした“本物”です。

――苦労した点はありますか?

 路線バスとして保安基準を満たすための検討に時間を多く費やしました。路線バスでは珍しい後ろ向きの座席は、前例がいくつかあるため問題なかったのですが、課題は窓でした。今回は茶室を再現すべく、多くの箇所で窓枠から取り換えており、所定の強度などの基準を満たすのに苦労しました。結局、構想から実現まで1年をかけています。

――どのように運行しているのでしょうか?

 日曜と祝日は、京阪宇治駅と正寿院付近(奥山田正寿院口バス停)を結ぶ186系統で1往復運行しています。「猪の目窓」付きのバスに乗って本物の「猪の目」窓を見に行ってもらおうという趣向です。平日はほかの路線で運行していますが、貸切運行や、行政などからの出動要請で予定を急に変えることもあるので、事前にウェブサイトなどで運行予定をご確認いただければと思います。

※ ※ ※

 ちなみに、京都京阪バスのウェブサイトでは、「イベント等特別な場合以外は車内でお茶を振る舞うなどの催しはございません」としています。現在のところ実績はありませんが、貸切運行のイベント時には、テーブルに茶釜とヒーターを設置し、お茶をたてることも可能だそうです。

関連記事(外部サイト)