JALが羽田で新元号イベント 「令和」のスタート祝う 対象便は日付にあわせて

JALが羽田で新元号イベント 「令和」のスタート祝う 対象便は日付にあわせて

羽田空港の搭乗口前で行われた「新元号『令和』祝賀フライト』出発前セレモニー(2019年5月1日、伊藤真悟撮影)。

JALが新元号「令和」のスタートを祝い、羽田空港で「新元号『令和』祝賀フライト」の出発前セレモニーを開催。羽田発札幌行きJL501便の搭乗客に、搭乗証明書と記念品をプレゼントしました。

5月1日にあわせてJL501便で

 JAL(日本航空)が2019年5月1日(水・祝)、元号が「令和」になったことを祝い、羽田空港で「新元号『令和』祝賀フライト』出発前セレモニーを開催しました。

「令和」への改元日が5月1日ということで、ボーイング737-800型機を使用するJL501便(羽田発札幌行き)の出発に合わせて実施。客室乗務員や地上係員らがJL501便の搭乗客に搭乗証明書と記念品(和鶴の折り紙)をプレゼントしています。

「皆さまにとりましても、新しい時代が希望に満ちて、素晴らしい日々になりますよう心よりお祈り申し上げます。そして、このフライトが思い出深いフライトになりますように、乗務員はもちろんのこと羽田空港スタッフ一同、心をこめて安全で快適なフライトを提供します」(JAL 屋敷和子執行役員)

 なおこの5月1日限定で、JALの国内線ファーストクラス利用者へ、改元記念の饅頭がプレゼントされます。

関連記事(外部サイト)