瀬戸内の島を渡っていく路線バス 広島直通の生活路線、その光と影

瀬戸内の島を渡っていく路線バス 広島直通の生活路線、その光と影

大崎下島を走る、さんようバス「とびしまライナー」(2018年10月、宮武和多哉撮影)。

広島市および呉の市街地と、瀬戸内海に浮かぶ4つの島々を結ぶ路線バス「とびしまライナー」。島々への架橋により、船に代わる移動手段として誕生したこのバスは、地域の生活を大きく変え、近年は観光路線としての役割も担います。

架橋により誕生した「安芸灘諸島〜広島」直通バス

 広島県呉市の沖合に浮かぶ下蒲刈(しもかまがり)島、上蒲刈島、豊島、大崎下島などの島々を「安芸灘諸島」と呼びます。橋で本土とつながっているこれら4島と、呉、広島市街地を結ぶ路線バスが「とびしまライナー」。都会の広島から、ちょっとした「アイランドホッピング(島々を飛び回る)」気分を味わえる路線です。

 広島バスセンターを出発したバスは、広島駅に立ち寄ったのち、高速道路の広島呉道路(クレアライン)を経由して呉市街へ。市内をさらに東へ進み、「女猫(めねこ)の瀬戸」と呼ばれる海峡部に架かる安芸灘大橋を渡り、下蒲刈島に入ります。まもなく到着する見戸代バス停では、トイレ休憩を兼ねて長めに停車します。

 この見戸代バス停は、2000(平成12)年まで下蒲刈島と本土と結ぶフェリーのターミナルがあった場所。使用されなくなった桟橋の近辺は海釣りスポットとして知られ、待合室のトイレにある「ここでイカをさばかないで」との張り紙が、釣り人の多さをうかがわせます。

 その後、3つの橋を渡って上蒲刈島、豊島、大崎下島を走行。各島内ではほぼ海沿いを走り、大崎下島内では「このままバスが海に入るのでは」と思うほど急な、岬の先端部にあるカーブを曲がっていきます。大崎下島を半周し、終点の「沖友天満宮」バス停で乗客を降ろしたバスは、もはや運転席から釣り糸が垂らせそうなほどの海沿いに停車し、折り返しの広島行きとなるまで休憩します。

 安芸灘諸島の島から島への移動は長らく船に頼ってきましたが、1979(昭和54)年の「蒲刈大橋」(下蒲刈島〜上蒲刈島)を皮切りとして、島々は徐々に橋でつながっていきます。2008(平成20)年の「豊島大橋」(上蒲刈島〜豊島)の開通で、本土と4つの島が陸続きとなり、「安芸灘とびしま海道」の愛称がつきました。そして、フェリーや高速船に代わって「とびしまライナー」(正式名称は「広島〜蒲苅・豊浜・豊線」)が誕生し、大崎下島から広島市内までが1本のバスで結ばれたのです。

本土と島をつなぐバスの「光と影」

「とびしま海道」の開通に合わせて、地元のローカル路線バスを運行していた「おおさきバス」が、「さんようバス」に社名変更し、広島市街と大崎下島を結ぶ「とびしまライナー」の運行を担うことになりました。また、呉市内の中国労災病院と大崎下島を結ぶ路線を、さんようバスが共同運行している瀬戸内産交のバスも、広島発着の「とびしまライナー」に使われることがあります。4つの島には大きな病院やスーパーが少なく、これら2系統のバスは、地元から呉・広島方面への買い物や通院に欠かせない存在となっています。

 一方、道路整備や島々への架橋により、人の流れは呉方面に大きく傾き、2000年代に「とびしま海道」沿いの自治体はすべて呉市へと編入されました。通院や買い物には便利になった「とびしまライナー」沿線ですが、買い物客が島外へ流出したことで地元商店がさびれたり、また日帰り観光客は増えたものの宿泊を必要としないため、民宿などに影響を及ぼしていたりする側面もあります。

 そうした「とびしまライナー」は、大崎下島の御手洗港が2018年に文化庁の「日本遺産」に指定されたこともあり、近年、観光路線としての役割も担うようになっています。御手洗港は江戸時代に北前船や幕府の公用船の寄港地として栄え、坂本龍馬をはじめ幕末の志士たちが討伐の密儀を交わす(御手洗条約)など、歴史の舞台にもなりました。その御手洗地区に残る大きな芝居小屋や商家といった歴史的建築群を目当てに、観光客が「とびしまライナー」を降りていく姿も見られます。

 ちなみに、「とびしま海道」は大崎下島の東隣にある岡村島までが含まれますが、この島は愛媛県に属していることもあり、両島のあいだにバス路線は設定されていません。「とびしま海道」の延伸構想として、岡村島から北の大崎上島へ架橋し、竹原方面につなぐルートや、岡村島から東へ、「しまなみ海道」の一部である大三島(愛媛県今治市)につなぐ案もありますが、いずれも実現には至っていません。

関連記事(外部サイト)