伊豆方面の新たな特急、名称は「サフィール踊り子」 宝石イメージの車体ロゴも決定

伊豆方面の新たな特急、名称は「サフィール踊り子」 宝石イメージの車体ロゴも決定

特急「サフィール踊り子」に使われる新型E261系電車のイメージ(画像:JR東日本)。

JR東日本が伊豆方面に導入を計画している新たな特急列車の名称が決定。さらに、新型E261系電車に掲出する車体ロゴや、同社初「プレミアムグリーン車」のロゴも発表しました。

「プレミアムグリーン車」のロゴも決定

 JR東日本は2019年5月8日(水)、伊豆方面への新たな観光特急列車の名称を「サフィール踊り子(SAPHIR ODORIKO)」に決めたと発表しました。

「サフィール」はフランス語で、宝石のサファイア(英語)を意味します。JR東日本によると、「宝石のサファイアのような青く輝く美しい伊豆の海と空をイメージさせ、上質・高級で優雅な旅を楽しんでもらいたい」という願いからこの名称に決定したといいます。

 車体に掲げるロゴも、宝石のサファイアをイメージしたデザインに。JR東日本初の「プレミアムグリーン車」のロゴも決定しました。

 特急「サフィール踊り子」は2020年春から、東京・新宿〜伊豆急下田間で運行開始を予定。車両は新型のE261系電車8両編成が2本投入されます。

 車両のトータルデザインは、工業デザイナーの奥山清行さんが代表を務める「KEN OKUYAMA DESIGN」が担当。これまでJR東日本の車両では、豪華寝台列車「TRAIN SUITE 四季島」をはじめ、山手線の新型E235系電車、秋田新幹線のE6系電車などを手掛けています。

 列車は8両、定員164人で、1号車(伊豆急下田方)は「プレミアムグリーン車」、2〜3号車は4人用または6人用のグリーン個室、4号車はオープンスタイルのキッチンを備えた「ヌードルバー」、5〜8号車は2+1列の座席が並ぶグリーン車です。

 プレミアムグリーン車は、座席が1+1列、前後1250mm間隔で並びます。天窓と窓からの景色を楽しめるよう、収納スペースは座席の下に配置されます。

 ヌードルバーは、目の前で麺(ヌードル)料理が調理されるオープンスタイルのキッチンを設置。相模湾の景色を眺めながら食事できるカウンター席とボックス席も用意されます。

関連記事(外部サイト)