上越新幹線スピードアップ工事に着手 最高速度275km/h、大宮〜新潟間で7分程度短縮

上越新幹線スピードアップ工事に着手 最高速度275km/h、大宮〜新潟間で7分程度短縮

北陸新幹線を走るE7系電車。275km/hへの速度向上が計画された上越新幹線の列車は2022年度末にE7系に統一される予定(画像:photolibrary)。

上越新幹線の速度向上工事が2019年5月中旬から始まります。工事完了後の最高速度は275km/hに。車両もE7系に統一されます。

吸音板設置や防音壁かさ上げなど

 JR東日本は2019年5月8日(水)、上越新幹線の速度向上に取り組むと発表しました。最高速度がいまより35km/h引き上げられ、275km/hになります。

 JR東日本によると、最高速度が275km/hになるのは上越新幹線の大宮〜新潟間。2019年5月中旬からおおむね4年程度、速度向上のための地上設備の工事が行われる予定です。吸音板を約7kmにわたって設置するほか、防音壁のかさ上げも約12kmにわたって行われます。

 現在、上越新幹線の列車は大宮〜新潟間を最短1時間14分で走り、東京〜新潟間は最短1時間37分で結んでいます。最高速度の向上により、所要時間は大宮〜新潟間で最大7分程度短縮。大宮〜高崎間に乗り入れている北陸新幹線の列車も、最大2分程度の短縮が見込まれています。また、すでに速度向上のための工事が始まっている東北新幹線の上野〜大宮間では、最大1分程度の時間短縮が見込まれています。

 275km/hでの運転に対応するのはE7系電車です。上越新幹線では現在、E7系のほかE2系やE4系が運転されていますが、JR東日本は2022年度末に上越新幹線のすべての列車をE7系に統一するとしています。

※誤字を修正しました(5月8日15時11分)

【写真】引退間近! 上越新幹線の2階建て車E4系

関連記事(外部サイト)