オレンジ色の大阪環状線「201系電車」6月7日引退 新型の323系電車に統一

オレンジ色の大阪環状線「201系電車」が6月7日引退 1981年から量産された通勤形電車

記事まとめ

  • 大阪環状線・桜島線を走るオレンジ色の201系電車は、6月7日に運行終了となる
  • 201系は国鉄時代の1979年に試作車が造られ、1981年から量産された通勤形電車
  • 大阪環状線・JRゆめ咲線では、323系にすべて置き換わり、各駅ホームの乗車位置も統一

オレンジ色の大阪環状線「201系電車」6月7日引退 新型の323系電車に統一

オレンジ色の大阪環状線「201系電車」6月7日引退 新型の323系電車に統一

大阪環状線の201系電車(2014年7月、恵 知仁撮影)。

323系電車22本の投入が完了!

 JR西日本は2019年5月10日(金)、大阪環状線・桜島線(JRゆめ咲線)を走るオレンジ色の201系電車が、6月7日(金)に運行を終了すると発表しました。

 新型車両の323系電車は、2016年12月にデビューし、以降、増備が続けられてきました。計画されていた8両編成全22本(計176両)の投入が2019年6月8日(土)に完了するのに伴い、201系が大阪環状線・JRゆめ咲線から引退します。

 201系は国鉄時代の1979(昭和54)年に試作車が造られ、1981(昭和56)年から量産された通勤形電車です。車両を継承したJR東日本は、中央線快速をはじめ、京葉線などで使用していましたが、現在はすべて引退。一方、JR西日本は関西本線(大和路線)、おおさか東線などで現在も使用しています。

 大阪環状線・JRゆめ咲線には、2005(平成17)年に登場。以降、“先輩”の103系電車とともに大阪環状線・JRゆめ咲線の輸送を支えてきましたが、新型323系に置き換わる形で103系は2017年10月に同線から引退し、201系も今回、運行終了を迎えます。

 大阪環状線・JRゆめ咲線では、4扉の201系が引退して、3扉の323系にすべて置き換わることから、各駅ホームの乗車位置も統一されます。利用者の多い駅では新タイプの乗車位置案内を整備したり、通行帯を設定したりするなど、ホームの混雑緩和に向けた取り組みが進められます。また、大阪、京橋、鶴橋、天王寺、新今宮の各駅ではホーム柵も整備される予定です。

【写真】投入が完了する新型323系電車

関連記事(外部サイト)