中央線快速に車内トイレ、5月から順次設置 ただし使用は2019年度末以降 JR東日本

中央線快速に車内トイレ、5月から順次設置 ただし使用は2019年度末以降 JR東日本

中央線快速のE233系電車(2016年10月、草町義和撮影)。

トイレは4号車!

 JR東日本八王子支社は2019年5月10日(金)、中央線快速や青梅線に、トイレを設置した車両を27日(月)から順次導入すると発表しました。

 旅客サービスの向上を目的に、E233系電車のオレンジ帯車両で車いす対応トイレの設置工事が進行中。トイレは10両編成のなかで、4号車の5号車寄り1か所に設置されます。

 トイレ付きの編成は、中央線の東京〜大月間や青梅線の立川〜青梅間を走ります。なお、トイレの使用開始は、車両基地の改修工事が終わる2019年度末以降となる予定です。

 中央線快速では普通車トイレの設置に続き、2023年度末のサービス開始に向けて、グリーン車2両の増結が進められます。

【画像】設置される車内トイレ

関連記事(外部サイト)