旧軍空母「加賀」の一部始終 廃艦寸前の元戦艦はなぜ空母になり精強を誇るに至ったか

旧軍空母「加賀」の一部始終 廃艦寸前の元戦艦はなぜ空母になり精強を誇るに至ったか

1936年に撮影された「加賀」。建造当初から大きく改装された後で、後に続く日本空母のスタイルが見てとれる(画像:アメリカ海軍)。

旧日本海軍の「加賀」といえば、同「赤城」と共に最精鋭として知られた「第一航空戦隊」を組み、大艦巨砲主義に終止符を打った空母の1隻です。ところが元は戦艦で、しかも廃艦寸前でした。その数奇な運命を追います。

イレギュラーな名前にも見えるその数奇な運命

 空母「加賀」、この艦名は石川県南部の旧国名である「加賀」から名付けられました。でも考えてみると、旧日本海軍の空母は「鳳翔」や「飛龍」「瑞鶴」「隼鷹」など、「龍や鳥など空を飛ぶ縁起の良い動物」の名前か、もしくは「赤城」「葛城」など山の名前がほとんどです。そのような日本海軍の空母のなかで、旧国名が付けられたのが「加賀」と「信濃」です。

 この2隻だけイレギュラーな理由は、両方とも戦艦からの改造だからでした。旧日本海軍において「戦艦は旧国名を付ける」と規定されていたため、進水にともない名付けられた名前が、そのまま空母になっても引き継がれたのです。ではなぜ、戦艦として生まれたにもかかわらず空母に改造されたのでしょうか。それは「加賀」自身の数奇な運命が大きく影響したからでした。

 そもそも「加賀」は、長門型戦艦を拡大発展させた後継艦として1917(大正6)年に帝国議会の予算承認を受け、建造が開始されました。

「加賀」の速力は、戦艦としては当時、最高レベルの約26ノット(約48.1km/h)で、それまでの日本戦艦が25ノット(約46.3km/h)止まりだったことを鑑みると、「高速戦艦」と呼べるほどでした。装甲も建造当時は世界最強の防御力を持ち、また武装も41cm連装砲5基10門を主砲に、副砲20門や魚雷発射管なども装備した重武装戦艦でした。

戦艦「加賀」、空母へ

 1921(大正10)年11月17日、「加賀」は戦艦として進水するものの、その直後に不幸が降りかかります。「ネーバルホリデー(海軍休日)」と呼ばれる「ワシントン海軍軍縮条約」の締結です。

 この軍縮条約は戦艦や空母の保有数を制限するのが主目的で、1922(大正11)年2月に締結され、進水はしたものの竣工前であった「加賀」は、姉妹艦の「土佐」(加賀型戦艦2番艦)とともに廃艦となることが決定、また同時期に建造中だった巡洋戦艦の「天城」と「赤城」は、規制保有数に余裕のあった空母へと改造されることが決定しました。

 廃艦が決まった「加賀」は、「土佐」とともに魚雷など各種兵器の実験に使用されることになり、横須賀へと曳航されました。ちなみにその際、主砲は壊してしまうのがもったいなかったので、取りはずし、装填不良で問題のあった戦艦「長門」に付け替えられました。そして「加賀」の歴史はここで終わるはずだったのです。

 しかし、標的艦となる日を待っていた「加賀」の運命は1923(大正12)年9月1日、大きく変わることになりました。関東大震災の発生です。このとき海上にいた「加賀」は大きな被害を免れましたが、横須賀工廠の船台で改装中だった「天城」は、地震の揺れで大破、空母への改装が不可能となりました。このままでは計画から空母が1隻、足りなくなってしまいます。そこで白羽の矢が立ったのが「加賀」でした。早速「加賀」は「赤城」と共に空母への改修を受けることになりました。ちなみに姉妹艦であった「土佐」は、予定通りに標的艦として使用され、1925(大正14)年、自沈処分となりました。

大迷走した「加賀」の空母化

 空母になることが決まった「加賀」と「赤城」ですが、その計画は紆余曲折、暗中模索、大迷走しました。世界的にも空母黎明期にあって、日本軍は小型空母の建造経験しかなく、さらには戦艦から空母への改装など日本初です。飛行甲板の形状、排煙方法も二転三転し、ようやく竣工したのは1928(昭和3)年のことでした。

 当初、採用された飛行甲板は三段式(ひな壇式)で、上段を離着艦用、中段を小型機の発艦用、下段を大型機の発艦用として運用する計画でした。しかし、当時は航空機の発展も目覚ましく、能力向上、大型化する航空機に空母のほうがついていけず、多くの問題が発生します。

 一番の問題は中段の甲板で、その短さから、艦上機が発艦することはできませんでした。また、艦橋は飛行甲板と船体に挟まれた位置にありましたが、そこからでは上の甲板の様子を見ることはできず、発艦、着艦の統制ができず、その後、補助艦橋が設けられることになります。そのほか排煙にも問題が起き、「加賀」は「赤城」とともに再度、大きな改修を受けることになりました。

 1935(昭和10)年、改修が完了した2隻は「一段全通式」という、その後の空母に近い姿へ生まれ変わりました。数々の不具合を解消しただけではなく、性能向上も行われたため、「加賀」の改修は日本海軍艦艇中、1、2を争うほどの大がかりな改修となります。

 一段式の全通甲板の右舷前方に最小限の艦橋が設けられました。煙突は湾曲煙突式となり、これにより100トンもの重量軽減、乗員もそれまでに比べ排煙やそれにともなう高熱に悩まされることもなくなります。中段、下段の飛行甲板が廃止されたことで、そこは艦載機の格納スペースとなり、これにより搭載航空機数は当初の60機から100機へと増大しました。

八面六臂の勇戦と終焉の時

 1935(昭和10)年の改修と前後し、「加賀」は対中国戦線で実戦を経験します。そして1941(昭和16)年、ついに日本初の空母機動部隊(諸説あり)である「第一航空艦隊」が、「第一航空戦隊(「赤城」「加賀」)」と「第二航空戦隊(「飛龍」「蒼龍」)」で編制されました。太平洋戦争の幕開けとなったハワイの真珠湾攻撃で、第一航空艦隊は無事、任務を成功させます。

 その後「加賀」は、西太平洋のトラック島へ進出し、ラバウル攻撃、カビエン攻撃、ポートダーウィン攻撃など、「赤城」と共に太平洋やインド洋を戦い続けました。ところが、太平洋戦争におけるその奮戦は半年ほどで終わりを告げます。運命の「ミッドウェー海戦」です。

 1942(昭和17)年6月のはじめ、日本海軍はハワイ攻略の足掛かりとするために空母6隻(「赤城」「加賀」「蒼龍」「飛龍」「鳳翔」「瑞鳳」)をもって、ミッドウェー島に攻勢を仕掛けました。作戦計画においては、同島の攻略とともに、迎撃してくるアメリカ空母艦隊の補足撃滅も目的に入っていました。

 この作戦目的の複数化が、逆に日本空母機動部隊の運命を決めてしまったのです。ミッドウェー島の飛行場をたたくためには陸用爆弾が有効です。それに対し、空母艦隊の撃滅なら、軍艦用爆弾や魚雷を用いなければなりません。この、兵装転換の間隙を突かれる形で、アメリカ艦載機部隊の来襲を受けてしまいました。

「加賀」はアメリカ急降下爆撃機隊の攻撃を受け、1000ポンド爆弾を3発回避したものの、4発目以降が次々に命中し、最初に甲板上の艦橋やエレベーターが破壊されたといいます。そして航空機用のガソリンに爆弾が命中、艦橋が吹き飛び、格納庫内の航空機や魚雷、爆弾が次々と誘爆し、甲板上は火の海になりました。

 爆発は7回にもおよび、戦艦「榛名」の副艦長は「生存者はいない」と判断したほどでした。実際、艦長以下800人以上が「加賀」と運命を共にし、生存者は40人程度だったそうです。こうして、「加賀」はその数奇な一生を終えました。

 時は流れて1999(平成11)年、ミッドウェー島沖の海面下5200mという海底に、1隻の空母が発見されました。その後、25mm機銃座や着艦誘導灯も見つかり、正式に「加賀」と認定。「加賀」は、いまも深い海の底で、静かに眠り続けています。

【写真】「加賀」を眼下に飛ぶ九六艦攻

関連記事(外部サイト)