東急線の駅直結「南町田グランベリーパーク」11月開業 スヌーピーミュージアムは12月

東急線の駅直結「南町田グランベリーパーク」11月開業 スヌーピーミュージアムは12月

大型LEDビジョンを備えた「シアタープラザ」(2019年5月14日、伊藤真悟撮影)。

東急電鉄と町田市、ソニー・クリエイティブプロダクツが、田園都市線 南町田駅直結の商業施設「南町田グランベリーパーク」の開業時期を決定。「スヌーピーミュージアム」の開館や駅改称も予定しています。

商業施設には約230店舗が出店

 町田市(東京都)と東急電鉄、ソニー・クリエイティブプロダクツは2019年5月14日(火)、田園都市線南町田駅の南側で工事を進めている「南町田グランベリーパーク」を、2019年11月に開業すると発表。あわせて工事現場を報道陣に公開しました。

「南町田グランベリーパーク」は、鶴間公園と、商業施設「グランベリーパーク」を含む「まち」の名称です。町田市と東急電鉄による「南町田拠点創出まちづくりプロジェクト」の一環で、2017年2月に一時閉館したショッピングモール「グランベリーモール」を再開発。南町田駅のリニューアルや鶴間公園の再整備も並行して進めています。プロジェクトの面積は約22ヘクタールで、東京ドームのおよそ4.7個分です。

 商業施設の「グランベリーパーク」には、約230店舗が出店。アウトレットをはじめ、飲食、エンターテイメント、各種サービスなど多様なジャンルの店舗が軒を連ねるほか、「ウェルカムプラザ」「グランベリープラザ」など、7つの屋外広場も設けられます。

「グランベリーパーク」と鶴間公園のあいだには、「パークライフ・サイト」と呼ばれる、地域の人々と来街者のコミュニティ形成の場を設置。ワークショップスペースや児童館、カフェなどが入る複合施設や、広場、さらに12月には「スヌーピーミュージアム」がオープンします。

 鶴間公園は、芝生の広場や子どもたちが楽しめる遊具を設置。スポーツエリアには、テニスコートやグラウンドもあります。

「南町田グランベリーパーク」の開業にあわせて、東急田園都市線の南町田駅は「南町田グランベリーパーク駅」に改称予定。さらに現在は土休日にしか停車しない急行が、平日にも停車するようになります。時期は2019年度中の予定です。

関連記事(外部サイト)