東海道新幹線の速度向上に貢献 N700系の試作車X0編成、「リニア・鉄道館」で展示へ

東海道新幹線の速度向上に貢献 N700系の試作車X0編成、「リニア・鉄道館」で展示へ

試験中の新幹線N700系量産先行試作車(画像:JR東海)。

JR東海が「リニア・鉄道館」で、新幹線N700系量産先行試作車(X0編成)の展示を新たに始めます。3両を屋外に設置し、車内では飲食も可能。これに伴い117系電車は移動、クロ381形電車は展示を終了します。

屋外に3両を展示 車内で飲食可

  JR東海は2019年5月17日(金)、新幹線N700系の量産先行試作車(X0編成)を「リニア・鉄道館」(名古屋市港区)で新たに展示すると発表しました。

「リニア・鉄道館」では現在、歴代の新幹線車両を6形式10両展示しています。7月17日(水)からは、7形式目となるN700系X0編成の3両がこれに加わります。

 X0編成は、新幹線700系の次世代車両として2005(平成17)年に導入。日本の新幹線で初めて車体傾斜システムを搭載し、東海道新幹線での最高285km/h運転に向けた試験などで累計130万kmを走破しました。2009(平成21)年には330km/hの速度向上試験も実施されています。

 その後、さらに新型のN700S確認試験車が2018年3月から走行試験を開始。これに伴い、X0編成は2019年2月に試験車両としての役割を終えました。

「リニア・鉄道館」に展示されるのは、X0編成16両編成のうち、1、8、14号車の3両です。屋外に展示され、車内見学が常時できるほか、飲食もできます。

 なお、これまで屋外に展示されていた117系電車は、3両のうち1両が屋内の収蔵車両エリアに移されます。残る2両は展示を終了。収蔵車両エリアにあるクロ381形電車(クロ381-11)も6月7日(金)に展示が終わります。

関連記事(外部サイト)