883系「ソニック」もミッキーデザイン登場! 大分方面へ運転 JR九州

883系「ソニック」もミッキーデザイン登場! 大分方面へ運転 JR九州

5号車のデザインイメージ(画像:JR九州)。

九州新幹線に続いて「ソニック」も特別デザインに!

 JR九州は2019年5月22日(水)、ディズニーのキャラクター「ミッキーマウス」のイラストを車体にデザインした883系特急形電車「JR九州 Waku Waku Trip 883系(ミッキーマウスデザイン)」を5月30日(木)から運行すると発表しました。

 これは、ミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年を記念して九州の旅をアピールする「Go! Waku Waku Trip with MICKEY」プロジェクトの一環。5月17日(金)からは、九州新幹線の800系電車1編成(6両)が描き下ろしのデザインをまとって、「JR九州 Waku Waku Trip 新幹線」として博多〜鹿児島中央間を走っています。

 今回の883系は1編成を使用し、7両のうち4号車と5号車の2両に装飾が施されます。車体には、トランクケースを片手に持ったミッキーと、ミッキーが旅の途中で集めたという様々なアイテムが描かれます。博多・中津〜大分間で、おもに特急「ソニック」として1日6本程度が、8月下旬まで運行される予定です。

 JR九州は「九州を旅するミッキーデザインの車両は、九州新幹線の枠を飛び越え、大分方面にもわくわくをお届けに参ります」としています。

関連記事(外部サイト)