東海道・山陽新幹線のEXアプリ、遅延をプッシュ通知 所定発車時刻後の列車予約も試行

東海道・山陽新幹線のEXアプリ、遅延をプッシュ通知 所定発車時刻後の列車予約も試行

発車時刻後の列車を予約する手順(画像:JR東海)。

JR東海とJR西日本が、東海道・山陽新幹線のネット予約「EXサービス」のアプリ利用者を対象に新サービスを開始。遅延情報などをプッシュ通知するほか、一部会員向けに所定発車時刻後の列車予約を試行します。

所定の発車時刻を過ぎても予約可能

 東海道・山陽新幹線のネット予約サービス「EXサービス」のアプリ(EXアプリ)で、2019年6月22日(土)以降、列車遅延情報などの配信が始まります。

 対象は、アプリで当日の列車を予約済みの人。プッシュ通知により、タイムリーに運行状況を確認できます。

 また、有料のエクスプレス会員には、列車に大幅な遅延が生じたとき、遅れで駅を発車していない列車も「EXアプリ」で予約できるサービスを試行します。この場合、発車済みの列車もシステム上は予約可能なため、注意が必要です。発車済みの列車を誤って予約した場合は、手数料無しで払い戻しができます。

 JR東海とJR西日本は、サービス開始後の利用状況を踏まえて、対象者の拡大やサービス内容の向上を図るとしています。

関連記事(外部サイト)