「月の石展」スターフライヤーが開催 44億年前の石、宇宙服レプリカなど展示

「月の石展」スターフライヤーが開催 44億年前の石、宇宙服レプリカなど展示

「月の石展」イメージ(画像:スターフライヤー)。

スターフライヤーが人類の月面着陸50年目を記念し「月の石展」を開催します。44億年前の「月の石」をはじめ、宇宙服のレプリカなどを展示。アンテナショップでは先着2000人にステッカーもプレゼントします。

入場は無料

 スターフライヤーが2019年6月15日(土)から、東京交通会館(東京都千代田区)の6階「ひまわりテラス」内特設会場で「月の石展」を開催します。

 人類が月に降りてから50年目を記念し、JAXA(宇宙航空研究開発機構)後援のもと開催。44億年前の「月の石」をはじめ、宇宙服のレプリカや、月面探査計画のパネルなどが展示されます。

 入場は無料。期間は6月23日(日)まで。開場時間は午前10時(15日は13時)から17時までです。東京交通会館2階のアンテナショップでは、先着2000人に「月の石展」開催記念オリジナルステッカーがプレゼントされます。

関連記事(外部サイト)