新京成線の新鎌ヶ谷駅が高架駅舎に 北総線と改札分離、案内所やコンビニ設置

新京成線の新鎌ヶ谷駅が高架駅舎に 北総線と改札分離、案内所やコンビニ設置

新鎌ヶ谷駅高架駅舎の入口(画像:新京成電鉄)。

新京成電鉄の新鎌ヶ谷駅で高架駅舎の使用が始まります。案内所を初めて設けるほか、駅構内にはセブン‐イレブンもオープン。北総線とは改札口が分離されます。

駅カラーは赤

 新京成電鉄の新鎌ヶ谷駅(千葉県鎌ケ谷市)で、2019年6月16日(日)から高架駅舎の使用が始まります。

 鎌ケ谷市内で進む連続立体交差事業の一環です。新鎌ヶ谷駅は新京成線のほか、北総鉄道北総線・京成成田空港線と東武アーバンパークライン(野田線)も乗り入れています。新京成線は従来、北総鉄道と駅舎機能を共同で使用してきましたが、今回、新京成線の高架下に改札口が新設されることにより、新京成線と北総線の改札口が分離されます。

 新京成線 新鎌ヶ谷駅のカラーは赤。「創造」をキーワードに、躍動感を表したといいます。コンコースは開放的なつくりになっており、初めて設けた改札口の案内所もガラス張りです。このほか、駅構内にはセブン‐イレブン新京成ST新鎌ヶ谷店もオープンする予定です。

関連記事(外部サイト)