道ならぬ「酷道」、国道の「車両通行不能区間」とは 登山道やけもの道、解消工事進む

道ならぬ「酷道」、国道の「車両通行不能区間」とは 登山道やけもの道、解消工事進む

国道417号「冠山峠道路」パンフレットより。岐阜・福井県境部の車両通行不能区間を解消する工事が進められている(画像:福井河川国道事務所)。

「国道」のイメージを裏切るような、通行に注意が必要な国道は、愛好家のあいだで「酷道」と呼ばれます。その最たるものが、そもそもクルマが通行できない「車両通行不能区間」です。この区間を解消する工事が各地で進められています。

車両通行不能区間、実態は?

 岐阜県と福井県を南北に結ぶ国道417号の、両県境部に位置する冠山峠(かんむりやまとうげ、岐阜県揖斐川町〜福井県池田町)付近にて2019年5月下旬、福井県側から掘り進めていたトンネルが、4年の歳月をかけ県境部まで到達しました。これは、冠山峠付近の車両通行不能区間を解消する工事で計画されている、2本のトンネルのうちのひとつで、もう1本は2017年8月に貫通済みです。

「車両通行不能区間」は文字通り、クルマが通れない区間で、地図では途切れたように表現されます。国の重要な道路という「国道」のイメージとは裏腹に、細く、すれ違いも困難なような道は、国道ならぬ「酷道」とも呼ばれますが、車両通行不能区間は、その最たるものといえるかもしれません。実態としては登山道に近いような区間、あるいはそのような道すら存在しない区間です。

 国道417号「冠山峠道路」工事を担当する国土交通省 福井河川国道事務所によると、この区間には並行して19.4kmの林道があり、そちらを通ることで往来は可能ですが、林道はクルマ1台ぶんほどの幅しかなく、急カーブや急勾配の連続、そして冬季閉鎖と、幹線道路の代替路としての機能に乏しいといいます。

 冠山峠の福井県側に位置する福井県池田町は、隣接市町をつなぐ主要道路も冬季閉鎖区間や車両通行不能区間があるなど脆弱で、豪雨災害により道路が寸断され孤立したこともありました。福井河川国道事務所は、国道417号の岐阜県側との通行を確保することで、緊急時における安定的な救援ルートを確保するとともに、広域的には岐阜県大垣市と福井県鯖江市を結ぶ最短ルートとして、北陸道や国道8号の迂回路になるとしています。

 なお、国道417号の車両通行不能区間はあくまで法令上の想定ルートであり、一部は登山道として形があるものの、道として全く整備されていないのが実態だそうです。

古来の街道が、国道の車両通行不能区間に

 こうした車両通行不能区間を解消する動きは、山深いことで知られる新潟・福島県境でも見られます。新潟市と福島県いわき市を結ぶ国道289号のうち、車両通行不能区間である県境部の八十里越(はちじゅうりごえ、新潟県三条市〜福島県只見町)に車道を通す工事が進められているのです。国道289号にはほかに、福島県内の甲子峠(かしとうげ、福島県下郷町〜西郷村)にも車両通行不能区間がありましたが、こちらは事業着手から40年以上の歳月をかけ2008(平成20)年に車道が開通しました。

 車両通行不能区間として残る八十里越は明治後期まで、越後(新潟県)と会津(福島県)を結ぶ重要な街道でしたが、鉄道や自動車の時代へ移り変わるなかで使われなくなり、のちに国道指定されたものの、車両通行不能区間という扱いになりました。周辺は日本有数の豪雪地帯であり、そこに残る旧街道(国道の現道)も実際には、けもの道に近い状態のようです。これに代わり、14のトンネル、16の橋からなる約20kmの新道を建設する事業が、1986(昭和61)年から進められており、2023年度の開通が目標とされています。

 福島県の最西部に位置する只見町は、現状で新潟県へ抜ける唯一の、クルマが通れる国道である252号が冬季には閉鎖されます。会津若松市方面へは冬季も通行できますが、医療や買い物には不便とのこと。八十里越の車道が開通すると、只見町と隣接する新潟県三条市とのあいだは、現在の国道252号・関越道・北陸道経由から59分短縮の79分となり、会津若松市よりも近くなるそうです。

 ちなみに、青森県外ヶ浜町の竜飛岬付近にある有名な「階段国道」も、車両通行不能区間のひとつです。竜飛岬の丘の上から、海沿いの漁港に通じる388.2m区間で、階段が国道339号に指定されています。外ヶ浜町によると、もともと車道を通す計画があったそうですが、「階段国道」が有名になったこともあり、そのままになっているそうです。

関連記事(外部サイト)