JAL国内線の座席にUSB電源を順次導入 ボーイング767-300型機など

JAL国内線の座席にUSB電源を順次導入 ボーイング767-300型機など

(左から)ファーストクラス、クラスJ、普通席のUSBポートの位置(画像:JAL)。

JALが国内線機材のボーイング767-300型機、ボーイング737-800型機にUSB電源を順次導入します。USB Type-Aポートに加え、Type-Cポートも備え、より高出力での充電に対応します。

2021年度末の完了をめどに

 JAL(日本航空)は2019年6月20日(木)、国内線の一部機材にUSB電源を順次導入していくと発表しました。

 ボーイング767-300型機は6月から、ボーイング737-800型機は2019年度第2四半期から、ともに2021年度末の完了をめどに順次導入されます。

 ポートの設置場所は、ファーストクラス、クラスJが肘掛けの前方、普通席が前席の下方です(一部座席は異なる)。差し込み口は従来のUSB Type-Aポートのほか、Type-Cポートも備え、より高出力での充電に対応します。

 なお、新たに国内線に導入するエアバスA350-900型機、およびボーイング787型機の座席には、PC電源とUSB電源を設置。また、7月以降、ボーイング777、767、737-800型機の国内線機内Wi-Fiサービスは、インターネットの接続方法を変更し、従来より簡単に接続できるようにするとしています。

関連記事(外部サイト)