成田空港駅・空港第2ビル駅に「昇降式ホーム柵」設置 複数のドア数に対応 JR東日本

成田空港駅・空港第2ビル駅に「昇降式ホーム柵」設置 複数のドア数に対応 JR東日本

昇降式ホーム柵の設置イメージ(画像:JR東日本千葉支社)。

ロープが上下に動きます。

 JR東日本千葉支社と成田空港高速鉄道は2019年6月25日(火)、JR成田線の成田空港駅と空港第2ビル駅に昇降式ホーム柵を整備すると発表しました。

 利用者の安全性向上と、ベビーカー、大きなトランクなどがホームから転落したり、列車と接触したりするのを防ぐため、国や成田市から補助を受けてこのたびホーム柵が整備されます。

 両駅を発着する列車は、車両によってドア数が異なるため、複数のドア数に対応し、水平に張られたロープが上下に動く昇降式ホーム柵が採用されます。使用開始は、2019年度末の予定です。

関連記事(外部サイト)