関西・伊丹空港「G20大阪サミット」期間中どうなる リムジンバス4日間大規模運休

関西・伊丹空港「G20大阪サミット」期間中どうなる リムジンバス4日間大規模運休

関西空港のターミナル。6月27日から4日間は手荷物カートの利用も中止(画像:Law Alan/123RF)。

「G20大阪サミット」の開催にともない、関西空港と伊丹空港でセキュリティ強化のため様々な規制が実施されます。空港リムジンバスはサミット前後の4日間で多くが運休です。空港会社は、時間に余裕を持って行動するよう呼び掛けています。

空港リムジンバス、4日間ほぼ運休

 2019年6月27日(木)から30日(日)までの4日間を中心に、関西空港および伊丹空港周辺で大規模な交通規制や、空港施設の利用規制が実施されます。28日(金)と29日(土)に大阪市内で「G20サミット(金融世界経済に関する首脳会合)」が開催されるためで、各国要人の移動が予想されているサミット前後の日も、交通機関などに大きな影響が及びます。

 関西空港、伊丹空港を管理する関西エアポートによると、両空港を発着する空の便については、運休や時刻変更の予定はないとのことですが、空港では一部、利用規制が敷かれます。

 最も影響を受けるのは、空港にアクセスする「足」です。6月27日(木)から30日(日)の4日間で、関西空港、伊丹空港を発着する交通機関の運行予定変更は次のとおり。なお、本記事の情報は6月19日現在のものです。

●関西空港リムジンバス(6月27日〜30日)
・6月27日(木)は全路線全便運休。
・大阪市内方面:一部の大阪駅前行きを除き運休。
・大阪府下、京都、奈良、和歌山方面:6月28日(金)12時以降、29日(土)10時以前、30日(日)15時以降に空港へ到着、出発する便のみ運行。ただし伊丹空港線は全て運休、東大阪線は29日(土)朝の空港行きを除き運休。
・兵庫県方面:一部の神戸行き、姫路行きを除き運休。
・岡山および四国方面:6月30日(日)深夜の岡山行き、徳島行き、高松行きを除き運休。
※大阪府外で一部停留所の利用を停止する路線あり。

●伊丹空港リムジンバス(6月27日〜30日)
・大阪市内、東大阪、関西空港方面:運休。
・神戸方面:空港発のみ運行。
・西宮方面:各日17時40分から21時20分までの空港発のみ運行予定。
・奈良方面:早朝の空港行き、20時以降の空港発のみ運行予定。
・新大阪、京都、姫路方面:運行予定。

 上記の便以外でも、運休や時刻変更が発生する可能性があります。なお、神戸空港と関西空港を結ぶ航路「神戸-関空ベイ・シャトル」も、6月27日(木)から30日(日)までの4日間は運休です。

 関西空港、伊丹空港に通じる鉄道は、現在のところ平常どおりの運行が予定されています。関西エアポートは、サミット期間中の空港アクセスについて、鉄道の利用を呼び掛けています。

関空では「入島規制」もあり得る?

 空港周辺の道路封鎖も実施されます。関西空港に到着した各国要人が大阪市内方面へ向かう際には、空港からりんくうタウン方面が通行止めになります。そのあいだは空港島から出られなくなるため、空港島内に車両が滞留する可能性がある場合、りんくうタウン方面からも入島制限がかかる可能性があると、関西エアポートは話します。

 反対に、各国要人が関西空港へ向かう際も、りんくうタウンから関西空港方面が通行止めになり、規制解除までその場で待機することになるといいます。このほか、伊丹空港の近くを通る阪神高速11号池田線をはじめ、阪神高速の多くの路線で4日間にわたり大規模な通行止めが実施されます。

 また、「G20大阪サミット」にあわせて空港のセキュリティレベルも強化され、次のような規制が敷かれます。

・手荷物検査(6月27日〜30日):各旅客ターミナルビル入口で警察官が航空券やパスポートを確認。
・コインロッカー使用中止、ゴミ箱一部撤去(6月24日〜30日):旅客ターミナルビルや空港の駅などで実施。
・関西空港展望ホール、伊丹空港屋上展望デッキ閉鎖(6月27日〜30日):関西空港展望ホールは全館休館し、駐車場も終日閉鎖。伊丹空港の屋上店舗は営業予定。

 関西空港ではさらに、6月27日(木)から6月30日(日)のあいだ、旅客ターミナルビル内などの手荷物カートも使用中止です。

 関西エアポートによると、両空港内のショップやレストランは基本的に通常通りの営業を予定していとのこと。また、前述のとおり両空港を発着する空の便については、運休や時刻変更の予定はないものの、各国要人が到着した際に滑走路を一時的に封鎖するといったこともあり得るため、時間に十分余裕を持って行動してほしい、といいます。

 ちなみに、神戸空港でも一部要人の発着が予定されていますが、関西エアポートによると、関西・伊丹空港のような利用規制はないとのこと。しかし、セキュリティレベルは普段より強化されているそうです。

関連記事(外部サイト)