三菱重工、買収の思惑 ボンバルディア小型ジェット機「CRJ」事業 「MRJ」改称も関係か

三菱重工、買収の思惑 ボンバルディア小型ジェット機「CRJ」事業 「MRJ」改称も関係か

2019年6月の「パリ国際航空宇宙ショー」で展示された「スペースジェット M90」(竹内 修撮影)。

ボンバルディアはカナダの、航空機や鉄道車両の生産など重工業を柱とする企業ですが、その小型航空機部門を三菱重工業が買収しました。MRJの呼称変更も無関係ではないと見られます。これら一連の流れとその背景を追いました。

業界激震! 三菱がボンバルディア小型機事業を買収

 2019年6月25日(火)、三菱重工業はカナダの重工業メーカーであるボンバルディアとのあいだで、同社航空機部門のボンバルディア・エアロスペースが製造しているリージョナルジェット機「CRJ」事業の譲渡契約を締結したと発表しました。「リージョナルジェット」とは、座席数が50席から100席程度の、比較的短距離の地域間輸送航路に適した小型ジェット旅客機のことで、「リージョナル」には「地域の」といった意味があります。

 また三菱重工業の子会社である三菱航空機は6月13日(木)に、同社が開発を進めているリージョナルジェット機「MRJ」(Mitsubishi Regional Jet)を「スペースジェット」に改称すると発表。さらに6月17日(月)には、フランス、パリ郊外で開催された「パリ国際航空宇宙ショー」の会場で、スペースジェットの新仕様「スペースジェット M100」の開発構想も発表しました。これら一連の動きは、三菱重工業と三菱航空機が旅客機ビジネスの主戦場と位置づけている、北米市場で勝負をかけるという強い意志を示したものだと筆者(竹内 修:軍事ジャーナリスト)は考えています。

 ボンバルディア・エアロスペースは1986(昭和61)年に、カナダの国営航空機メーカー、カナディアを前身とし設立された企業です。同社はカナディアが開発していた「カナディア・リージョナルジェット」を「CRJ」として商品化、1800機以上が生産されるベストセラー機へと育て上げました。

 また1992(平成6)年にはデ・ハビランドカナダを買収して、日本エアコミューターなどに採用されたベストセラーターボプロップ旅客機DHC-8(1996〈平成8〉年以降は「Qシリーズ」に改称)を商品ラインナップに加えたことで、一時はブラジルのエンブラエルと共に、ボーイングとエアバスに次ぐ世界第3位の旅客機メーカーの座を争っていました。

 しかし社運を賭けて開発した単通路型旅客機「Cシリーズ」の開発の遅れと販売の不振から、近年では経営状況が悪化、親会社のボンバルディアは比較的好調なビジネスジェット部門に特化する方針を定め、小型ターボプロップ機DHC-6などの事業をバイキング・エア(カナダ)へ、Cシリーズ事業をエアバスへ、Qシリーズ事業をロングビュー・アビエーション(カナダ)へそれぞれ売却していました。そして、ボンバルディア・エアロスペースに残されていた最後の主要部門であるCRJシリーズ事業の譲渡先となったのが、三菱重工業というわけです。

三菱側の狙いは? ボンバルディアから継承されるものとは

 今回締結された譲渡契約には、カナダのケベック州ミラベルに置かれているCRJの製造拠点は含まれていません。ボンバルディア・エアロスペースは三菱重工業からの委託を受けて、2020年末まで受注済みであるCRJシリーズの生産を継続し、受注残が無くなった時点でCRJシリーズの生産は終了することになります。

 CRJシリーズは2019年現在も、北米の多数のリージョナル路線で使用されています。もし三菱重工業以外の企業がCRJシリーズ事業を購入し、燃費効率の良いエンジンを搭載するなど改良を加えたCRJシリーズの生産を継続していた場合、スペースジェットはエンブラエルのEシリーズと改良型CRJという、強力なライバルを相手にしなければならないところでした。

 三菱重工業は今回の譲渡契約により、CRJシリーズの保守と改修、顧客サポート、マーケティング、販売、民間航空機の運用に不可欠な型式証明の取得機能と、ケベック州モントリオールおよびオンタリオ州トロントのサービス・サポートネットワーク拠点、アメリカのウェストバージニア州ブリッジポートおよびアリゾナ州ツーソンのサービスセンターを継承します。

 三菱航空機は経験不足からスペースジェット(MRJ)の型式証明取得で苦しんできましたが、CRJで経験を積んだボンバルディア・エアロスペースのスタッフは、後述するスペースジェット M100の開発で大きな戦力になると考えられます。

 カナダは航空機の整備と修理、保守事業を航空産業の柱と位置づけており、ボンバルディア・エアロスペースもこの分野で高い技術力と豊富な経験を持っています。航空機のセールスでは機体そのものの性能や価格もさることながら、サポート体制の充実も重要な要素であり、北米市場でスペースジェットファミリーのセールスを推進する上で、カナダとアメリカに所在する、ボンバルディア・エアロスペースのサポート基盤の継承は三菱航空機にとって大きな強みとなります。

「スペースジェット」の「スペース」は「宇宙」にあらず…その真意

 筆者は2010(平成22)年にミラベルのCRJ製造拠点をはじめとする、ボンバルディア・エアロスペースの施設を見学しましたが、ボーイングやエアバスといった欧米の巨大企業よりも、日本企業に近い雰囲気を感じました。また、三菱重工業はMRJ事業が本格化する以前に、CRJの開発と製造にも参画していたことがあります。企業風土や文化の違いなどによって、新たな雇用者となる三菱重工業と、ボンバルディア・エアロスペースのスタッフに軋轢が生じる心配はあまり無いと思われます。

 前にも述べたように、三菱航空機は6月13日にMRJをスペースジェットに改称すると発表していますが、同社は6月17日(月)に「パリ国際航空宇宙ショー」の会場で行った会見でも、スペースジェットという新名称の由来の明確な説明を行いませんでした。

 6月17日付の朝日新聞はスペースジェットという名称について、「広々とした」という意味を持つ「スペーシャス(Spacious)」に由来していると報じています。三菱航空機の水谷久和社長も「パリ国際航空宇宙ショー」の会見で、「リージョナルジェット」には座席が狭く、乗客が苦痛を強いられているイメージがあり、スペースジェットを良好な居住性を持つ新しい航空機とするため、あえて「リージョナル」という言葉を外したと述べており、朝日新聞の報道を裏付けた形となっていますが、筆者は新たに戦力に加わるボンバルディア・エアロスペースの従業員やカナダ国民の心情も考慮して、「リージョナル」だけでなく「三菱(Mitsubishi)」という名前も外し、「スペースジェット」という、しがらみの無い名前に改称したのではないかと考えています。

世界のライバルと戦うために

 三菱航空機は「パリ国際航空宇宙ショー」の会見で、これまでMRJ90と呼ばれていた90席クラスのモデルを「スペースジェット M90」に改称し、新たに70席クラスの「スペースジェット M100」を開発する構想を発表しています。

 アメリカには「スコープクローズ」と呼ばれる、近距離を結ぶ「リージョナル航空路線」で使用する航空機の座席数と大きさ、重量の制限を定めた、航空会社とパイロットの労働組合との協約にうたわれる条項がありますが、スペースジェット M90もライバルのエンブラエルE175-E2も、現在のスコープクローズの条項には適合していません。スコープクローズの重量と座席数の制限が緩和されないと、大手航空会社から委託を受けてリージョナル路線を運航している航空会社では、スペースジェット M90もエンブラエルE175E-2も運航できないことになります。

 三菱航空機はスコープクローズの重量と座席数の制限をクリアできる、MRJ90の胴体を短縮したMRJ70の開発も進めてきましたが、今回発表されたM100は貨物室のサイズを縮小して客室を拡充するほか、すべての乗客のローラーバッグ(キャリーケース)を収容できるオーバーヘッドビン(手荷物収納棚)の装備、機内インターネットへの接続に対応するなど、同クラスのリージョナルジェット機を上回る居住性を備えた、新設計の旅客機として構想されています。

 スペースジェット M100は現在、機体の設計方針を定めるコンセプトスタディの段階にあり、開発が正式決定したわけではありませんが、6月19日に北米の顧客とのあいだで同機15機の売買に関する協議を開始するMOU(了解覚書)を締結したことが発表されたことで、開発の正式決定に一歩前進したといえます。

 CRJ事業の買収、MRJのスペースジェットへの改称、新モデルM100の開発は、いずれも三菱重工業と三菱航空機にとって大きな賭けであることも確かですが、ライバルのエンブラエルがボーイングとの結びつきを強めていくなかで、三菱重工業と三菱航空機が世界の旅客機産業、さらに言えば航空産業で生き残りを図る上で、賭けてみる価値のある賭けであるとも筆者は思います。

【写真】「スペースジェット M100」客室内の様子

関連記事(外部サイト)