ジャンボフェリーが「ニャンコフェリー」に! 50周年記念で特別ペイント実施

ジャンボフェリーが「ニャンコフェリー」に! 50周年記念で特別ペイント実施

猫の顔をペイントした「こんぴら2」のイメージ(画像:ジャンボフェリー)。

就航中の2隻とも「ニャンコ」仕様になります!

 神戸〜小豆島〜高松間のカーフェリーを運航するジャンボフェリーは2019年7月1日(月)、特別仕様のペイントを施した「ニャンコフェリー」を7月5日(金)から運航すると発表しました。

 定期運航している「りつりん2」「こんぴら2」の船首にそれぞれ、猫の顔をペイントして運航するもので、7月上旬からはさらに、子供たちが船旅を楽しめるよう船内にペットロボット「aibo(アイボ)」を導入するとのこと。1969(昭和44)の運航開始から、2019年で50周年を迎えることを記念した企画の一環です。

 ジャンボフェリーによると、初代の船「こんぴら」「りつりん」が就航当時に世界最大の双胴型フェリーであったことから「ジャンボフェリー」の愛称がついたそうですが、その後、さらに大型の船が各地に就航した結果、いまとなっては「なぜ『ジャンボ』なのか」と不思議に思われることも多いそうです。そこで今回、思い切って愛称を「ニャンコフェリー」とし、特別仕様のフェリーを当面のあいだ運航するといいます。

 なお、「ニャンコフェリー」の運航が始まる7月5日(金)には、神戸三宮フェリーターミナルで船のお披露目会が開催されます。式典後、イベントに合わせて制作中という「にゃんこ」うどんの無料試食会も行われるそうです。

【画像】クリクリおめめの「赤ニャンコ」フェリー

関連記事(外部サイト)