日本初導入 大容量&長距離飛行OKなANA貨物機「ボーイング777F」テイクオフ!

日本初導入 大容量&長距離飛行OKなANA貨物機「ボーイング777F」テイクオフ!

ボーイング777F型機のANA初号機。「BLUE JAY」の愛称を持つ(2019年7月2日、乗りものニュース編集部撮影)。

ANAグループに大型貨物機ボーイング777F型機がデビューしました。日本の航空会社では初の導入です。愛称は「BLUE JAY(ブルージェイ)」。「大容量」と「長い航続距離」などが特長で、日本から北米へ直行できます。

ボーイング767-300F型機の約2倍!

 ANA(全日空)グループが導入したボーイング777F型機の初号機(機番:JA771F)が2019年7月2日(火)、運航を開始しました。日本の航空会社で同機種を導入するのは、ANAグループが初めてです。

 ボーイング777F型機は、旅客機のボーイング777-200LR型機をベースにした大型貨物機。末尾の「F」は「Freighter(フレイター)」、つまり「貨物型」を意味しています。大きなジェットエンジン(ゼネラル・エレクトリックGE90-110B1)、主翼下にある3列の車輪(メインギア)、機体のお尻(テール)部分が角ばっているのが特徴です。

 ボーイング777F型機の全長は63.7m、全幅は64.8m。以前よりANAグループが運航している貨物機ボーイング767-300F型機の全長は54.9m、全幅は47.6mで、大型化しました。

 このボーイング777F型機は、ボーイング767-300F型機の約51トンに対して約2倍、およそ102トンの貨物を積載可能。貨物室の高さも約1.2倍です。リチウムバッテリーや医薬品といった危険品、特殊品を大量に輸送でき、航空機エンジンのほか、自動車も9台まで積めるといいます。

 ANAグループが2機導入するボーイング777F型機には、「BLUE JAY(ブルージェイ)」が愛称として与えられ、機体後部の左側にマークも描かれています。北米に生息する青い羽を持つ鳥のことで、日本名はアオカケス。ANAグループスタッフからの公募で選ばれました。

 ちなみに旅客型のボーイング777型機は、ANAではなじみ深い機体。ANAグループではボーイング777-200型機を20機、その長胴型で、ANAの旅客機で一番長い(73.9m)ボーイング777-300型機を29機保有しています(2019年3月31日時点)。またANAは今後、最新型のボーイング777-9型機も導入する予定です。

「LR」ベースらしい航続距離、賢く勤勉な「ブルージェイ」

 ボーイング777F型機が最大搭載で就航可能な実用航続距離は9070km。「Long Range(長距離型)」のボーイング777-200LR型機をベースに作られているだけあり、従来のボーイング767-300F型機(6056km)と比べ実用航続距離は約3000km長くなっています。ノンストップで太平洋を横断することも可能です。

「BLUE JAY(ブルージェイ)」は賢く、勤勉な鳥とのこと。初便就航セレモニーでANAの石田洋平成田空港支店長は「念願の北米へ貨物を運べます。ブルージェイのように勤勉に取り組んでいきたいです」と話しました。

 この初便はリチウムバッテリーや顕微鏡、精密機械、化学用品など98トンの貨物を搭載(うち72トンを成田で積み込んだのち、関西で残りを積載)。ほぼ満載の状態で、日本から中国の上海へ向かいます。

「アジアの物流ネットワークにボーイング767F型機、長距離太平洋路線にボーイング777F型機を就航させ、豊富なネットワークを提供します」(ANA 石田洋平成田空港支店長)

 今後、ANAグループのボーイング777F型機は、8月26日(月)から関西を経由せず、成田〜上海間を運航する予定。10月27日(日)には、成田〜シカゴ線への就航も計画されています。

関連記事(外部サイト)