「国鉄の香り石鹸」登場 成分不明「国鉄車両の車内のにおい」再現 どんなにおい?

「国鉄の香り石鹸」登場 成分不明「国鉄車両の車内のにおい」再現 どんなにおい?

「国鉄の香り石鹸」。パッケージは151系電車をイメージしたという「赤箱」(画像:ビイエルテイ)。

「国鉄の香り石鹸」なる商品が登場しました。国鉄時代の車両が持つ、車内の「独特のにおい」を再現したという石鹸、どのようなにおいがするのでしょうか。

少し鼻をつく、独特の「車内のにおい」

「国鉄の香り石鹸」なるものが発売されました。合同会社ビイエルテイ(東京都港区)代表の高橋 竜さんが立ち上げたブランド「COQTEZ」の商品で、高橋さんによると、世界初の「鉄道をテーマにした石鹸」だそうです。

 高橋さんは2017年10月、「COQTEZ」ブランドの第1弾として、国鉄時代の車両における車内のにおいを再現したという「国鉄の香り」ルームフレグランスを発売しました。今回、その香りを「より実用的なモノ」で楽しんでもらいたいという思いから、ルームフレグランスをもとに、同じ香りを持つ石鹸を開発したそうです。

「昔の国鉄車両に乗ったときに感じられる、少し鼻をつく、何ともいえない独特のにおいを再現したもの」(高橋さん)という「国鉄の香り」。その実態は、車両に使われていた消毒剤のにおいだそうですが、具体的な成分などは高橋さん自身もよくわかっていないといいます。

成分不明の「国鉄の香り」、どうやって作った?

 ルームフレグランスは、リニア・鉄道館(名古屋市港区)で展示されている国鉄時代の特急電車内のにおいを調香師に嗅いできてもらうなどして、高橋さんの記憶とすり合わせて開発したそうです。今回の石鹸も、天然素材を調合してつくられたルームフレグランスと同じく、天然素材のみを使用したとのこと。

「ルームフレグランスは、国鉄時代の車両を知る方には『確かに車内でこういうにおいがした』と言っていただくことが多いですが、それを知らない方からも単純に、『ヒノキのようないいにおい』との評価をいただくことがありました。それもあって今回、鉄道好き以外の方にも広くお楽しみいただける商品として石鹸を開発しました」(高橋 竜さん)

 ルームフレグランスは1本2万円以上しますが、今回の石鹸は1個あたり1300円(税別)です。パッケージデザインは、「ブルートレイン」と呼ばれた20系客車をイメージした「青箱」、「こだま形」と呼ばれた151系電車をイメージした「赤箱」、初代の新幹線車両である0系をイメージした「クリーム箱」の3種類(中身の石鹸はすべて同じ)があります。

 なお、商品の売り上げの一部は、福岡市東区の貝塚公園に保存されている20系客車(ナハネフ22 1007)の修繕基金に拠出されます。

関連記事(外部サイト)