「西武ちちプラレール駅」開業 本物の電車がプラレールのよう 初代「レッドアロー」も

「西武ちちプラレール駅」開業 本物の電車がプラレールのよう 初代「レッドアロー」も

「西武ちちプラレール駅」開業。特設フォトスポットには、初代「レッドアロー」5000系電車の前頭部が展示されている(2019年7月14日、大藤碩哉撮影)。

「西武ちちプラレール駅」が、西武秩父駅の構内に期間限定で開業。初代特急「レッドアロー」5000系電車の前頭部を使ったフォトスポットが設置されたほか、実際に使われている線路が、まるでプラレールのようになりました。

電車がまるで巨大なプラレール

 西武秩父駅(埼玉県秩父市)の構内に2019年7月14日(日)、「西武ちちプラレール駅」が期間限定で開業しました。

 西武鉄道とタカラトミーによる、西武秩父線の開通50周年と、鉄道玩具「プラレール」の発売60周年を記念した「新駅誕生!? 幻の『西武ちちプラレール駅』開業記念キャンペーン」の一環です。

 西武秩父線の開通(1969〈昭和44〉年)と同時にデビューした初代特急「レッドアロー」車両、5000系電車の前頭部を展示したフォトスポットが設置されています。このフォトスポットエリアの開放時間は、9時から17時までです。

 同駅構内には、青く、プラレールのようになった線路も登場。停車している本物の電車が、まるでプラレール車両のように見えました。

 この“新駅”など「新駅誕生!? 幻の『西武ちちプラレール駅』開業記念キャンペーン」は、9月1日(日)までの実施です。

関連記事(外部サイト)