全国どこでも乗れた国鉄型ディーゼルカー「キハ40系」、いま走っているのはここだけ

全国どこでも乗れた国鉄型ディーゼルカー「キハ40系」、いま走っているのはここだけ

国鉄時代に製造されたキハ40系ディーゼルカー(2017年6月、草町義和撮影)。

「昭和レトロ」の懐かしい雰囲気が漂う国鉄型の普通列車用ディーゼルカー「キハ40系」。かつては全国各地のJR線で見られましたが、新型車両の導入で運転路線が徐々に減っています。キハ40系がいまも運転されている路線をまとめました。

関東と東海の車両は全車引退

 JR東日本が普通列車用として開発した新型ディーゼルカー「GV-E400系」が2019年8月19日(月)、新潟エリアで営業運転を開始します。これに伴い、同エリアの信越本線・磐越西線・羽越本線で使われてきた「キハ40系」は、2019年度中に引退する予定です。

 キハ40系は、国鉄時代の1977(昭和52)年にデビューした普通列車用のディーゼルカーです。1982(昭和57)年までに888両が製造されました。

 車内には4人掛けのボックスシートがあり、デビュー時は冷房装置を搭載せず、天井に扇風機を設置。昔懐かしい「国鉄型」の面影を残しています。1987(昭和62)年の国鉄分割民営化時には、事故で廃車になった1両を除く887両がJR旅客6社に引き継がれ、いまも非電化路線(線路上の電線が無く、電車と電気機関車が走れない路線)を中心に活躍しています。

 しかし、2000年代に入ると老朽化のため徐々に数を減らし、JR東海が引き継いだキハ40系は2016年までに引退。それ以外の5社ではまだ活躍が続いているものの、関東エリアのJR線からは2017年に姿を消しています。2018年には青森県と岩手県の太平洋沿いを走る八戸線のキハ40系が、観光列車用の改造車を除いて引退。2019年3月には香椎線(福岡県)のキハ40系が、新型のBEC819系蓄電池電車に置き換えられました。

 また、GV-E400系のほかにもJR北海道のH100形やJR九州のYC1形など、JR各社が新型ディーゼルカーの開発を進めており、キハ40系の置き換えが、これから本格化すると見られます。国鉄時代に大量生産され、全国どこにいっても見られたキハ40系も、数年後にはごく一部の路線でしか見られなくなるかもしれません。

全車引退が近付くキハ40系、どこを走っている?

 キハ40系(観光用や特急用に改造された車両を除く)の普通列車が運行されているおもなJR線は、2019年4月1日時点で次の通りです(ジェー・アール・アール編『JR気動車客車編成表 2019』などによる)。すべての普通列車がキハ40系で運転されている路線と、一部の普通列車のみキハ40系で運転されている路線があります。

JR北海道

・函館本線 函館〜長万部〜小樽
・函館本線 岩見沢〜旭川
・札沼線 石狩当別〜新十津川
・千歳線 千歳〜南千歳
・石勝線 南千歳〜新夕張
・室蘭本線
・日高本線
・留萌本線
・根室本線
・宗谷本線
・石北本線
・釧網本線

JR東日本

・津軽線
・五能線
・奥羽本線 弘前〜青森
・奥羽本線 秋田〜東能代
・男鹿線
・羽越本線 新津〜酒田(2019年度中に引退)
・信越本線 新津〜新潟(2019年度中に引退)
・磐越西線 会津若松〜新津(2019年度中に引退)
・只見線

西日本方面はどこを走っている?

JR西日本

・城端線
・氷見線
・播但線 寺前〜和田山
・津山線
・吉備線
・山陰本線 豊岡〜幡生
・山陽本線 幡生〜下関
・因美線
・境線
・芸備線 広島〜三次
・岩徳線
・山陽本線 櫛ケ浜〜徳山
・山口線

JR四国

・高徳線
・徳島線
・鳴門線
・牟岐線

JR九州

・鹿児島本線 熊本〜八代
・日豊本線 小倉〜城野
・日田彦山線
・長崎本線 佐賀〜久保田
・唐津線
・筑肥線 山本〜伊万里
・筑豊本線 桂川〜原田
・久大本線 夜明〜日田〜大分
・豊肥本線 大分〜豊後荻
・豊肥本線 肥後大津〜熊本
・日豊本線 高鍋〜鹿児島
・鹿児島本線 鹿児島中央〜鹿児島
・日南線
・吉都線
・三角線
・肥薩線
・指宿枕崎線

関連記事(外部サイト)