2029年月面の旅はトヨタのキャンピングカーで! JAXAと新月面車開発、どんなクルマ?

2029年月面の旅はトヨタのキャンピングカーで! JAXAと新月面車開発、どんなクルマ?

JAXAとトヨタが共同開発する月面車のイメージ。2029年の実用化を目指すという(画像:JAXA/トヨタ自動車)。

長らく実施されていなかった有人月探査が近い将来、再開される見通しです。そこではJAXAとトヨタが開発に名乗りを挙げた月面車が使用されるかもしれません。有人月探査再開の理由と、キャンピングカーにたとえられる新月面車に迫ります。

ふたり乗りキャンピングカーで「月面のオアシス」を探す旅へ

 いまから50年前の1969(昭和44)年7月20日、アポロ11号が人類初の月面着陸を果たしました。そしていまから10年後の2029年、日本は世界各国の宇宙機関と協力して、月面探検を始めます。そこで必要な月面車の開発に、日本のJAXA(宇宙航空研究開発機構)とトヨタ自動車が名乗りを挙げました。

「アポロ計画」から50年ものあいだ、月面開発が進まなかった理由は、役に立つ資源が月面に見つからなかったからでした。しかし1990年代頃から、月面の砂のなかに水があることがわかってきました。地球は水資源が豊富な惑星ですが、重力が月の6倍もあり、宇宙へ運ぶ費用が高くつくので、月で水を生産した方が宇宙では安上がりの可能性があります。かつて旅人や船がオアシスに立ち寄って水を得ていたように、月を宇宙時代のオアシスにするため、アメリカを中心に日本、ロシア、ヨーロッパ、カナダが協力して、有人月面探査の準備を始めています。

 かつてのアポロ計画では、15号から17号まで「月面車」が使われました。この月面車は、ふたりの宇宙飛行士が宇宙服を着用した状態で乗るもので、屋根も壁もない、カートのような乗りものでした。走行距離は数十kmで、宇宙飛行士は月着陸船に戻って宇宙服を脱ぎ、食事や睡眠をとっていました。

 JAXAとトヨタが構想する今回の月面車は、ふたり乗りである点は同じですが、その規模はまったく異なります。車体のなかは四畳半ほどの広さがあり、地球上と同じ空気で満たされているので、宇宙飛行士は宇宙服を脱いで、普段着ですごすことができます。また月面を旅しながら、地面を掘って水などを調べる研究設備も備えます。キャンピングカーか、移動式月面基地と言ってもよいほどの立派なものです。

 月面車は2台セットで運用され、4人の宇宙飛行士が2台にふたりずつ分かれて乗ります。これは万一、月面車の1台が走行不能に陥った場合でも、残りの1台に4人で乗って月着陸船へ戻るためです。

マイナス170度の夜とオフロード走行、燃料電池が解決

 月の1日、すなわち1回転自転するのにかかる時間は、地球の28日にあたります。昼と夜が、地球時間で14日ずつ続くのです。そこで宇宙飛行士は、月の朝のタイミングで月面に着陸し、月面車に乗り換えて月の昼にあたる14日間、数百kmの探検をします。14日間続く夜のあいだは停車して過ごし、夜が明けるとまた14日間の探検に出発。月の夕方に着陸船へ戻って、地球へ向けて出発します。月の感覚では「1泊2日」ということになりますが、地球の時間では合計42日間です。

 月の夜は過酷です。空気がないので、地面の温度はマイナス170度まで下がってしまいます。月面車には、14日も続く南極より寒い夜に耐え、数百kmのオフロード走行を可能にするエネルギーが必要です。トヨタはこれを、燃料電池で解決することにしました。

 燃料電池は水素と酸素から、電力と熱と水を作ります。地球上の燃料電池自動車はおもに電力を利用しますが、月の夜の低温を耐えるには熱も有効に利用できます。また水は、宇宙飛行士の飲料水に使えます。

 トヨタは燃料電池自動車「ミライ」などの技術をもとに、月面車の燃料電池や走行装置を開発します。一方JAXAは、宇宙ステーションや宇宙探査機の技術をもとに、月面車の生命維持装置や月面探査装置を開発することになります。

「はやぶさ2」の技術も応用、世界のライバルに挑戦

 宇宙飛行士が地球へ帰っても、月面車の仕事は終わりません。有人月面探査は2029年から2034年のあいだに全部で5回、それぞれ月の別の地域で行われることになっていて、5回とも同じ月面車を使いまわします。成田空港からの関東観光に使ったレンタカーが、関西空港へ移動して関西観光に使われるような感じで、月面車が無人で移動して次の宇宙飛行士を待ち構えるのです。

 月面には歩行者やほかの車はいませんから、交通事故の心配はありません。しかし、月にはGPS衛星がありませんし、誰も走ったことのない場所のオフロード走行ですから、地球上での自動運転とはまったく異なる難しさがあります。これには、遠い宇宙で正確な自動着陸に成功した小惑星探査機「はやぶさ2」の技術も応用されます。

 ただ、国際有人月面探査計画のなかで、日本が月面車を担当するかはまだ決まっていません。将来の月面基地建設や火星探査へつながる大きな経験を手にしたいという思いは、アメリカをはじめとする各国も持っています。日の丸とトヨタのマークが描かれた人類初の宇宙キャンピングカーで、世界中の宇宙飛行士が月面探検の旅に出る。そんな未来が10年後に来るのか、JAXAとトヨタの挑戦が始まりました。

関連記事(外部サイト)