高速バス「京都高野山線」9月誕生 京都と高野山を2時間40分で直結、2往復運行

高速バス「京都高野山線」9月誕生 京都と高野山を2時間40分で直結、2往復運行

高野山で1日2回行われる儀式「生身供(しょうじんぐ)」の様子(画像:京阪バス)。

途中で高速京田辺にも停車します。

 京阪バスは2019年7月25日(木)、高速バス新路線「京都高野山線」を9月20日(金)から11月24日(日)のあいだ運行すると発表しました。

 南海りんかんバスと共同で、京都駅八条口と高野山奥の院前のあいだを毎日2往復運行。途中で高速京田辺バス停にも停車します。京都駅〜高野山奥の院間の大人片道運賃は2500円で、「高野山内バス2日フリー乗車券」とのセット券(高速バス運賃にプラス500円)も販売されます。

 京阪バスによると、高野山と京都の移動はこれまで鉄道が主体であり、乗り換えが必須でしたが、今回のバスは2時間40分で両地を直通することから、「遠くに感じられた両地をとても近くに感じることができ、この秋ますます旅行の幅が広がります」としています。

関連記事(外部サイト)