「トミックスショールーム東京」誕生 列車眼前にNゲージ新製品&鉄道模型ジオラマ!

「トミックスショールーム東京」誕生 列車眼前にNゲージ新製品&鉄道模型ジオラマ!

「トミックスショールーム東京」の様子(2019年7月25日、乗りものニュース編集部撮影)。

「トミックスショールーム東京」が、神田駅すぐのビルにオープン。製品や常設ジオラマの展示に加え、予約制ワークショップなどが企画されています。室内から外を見ると、同じ高さをJRの列車が走っていく光景も楽しめます。

目線の高さを上野東京ラインが通過

 模型メーカーのトミーテックが、2019年7月27日(土)に「トミックスショールーム東京」をオープンします。

 場所は神田IKビル(東京都千代田区)の7階。JRと東京メトロの神田駅(同)から徒歩1分の立地です。

 ショールームのコンセプトは「見て、さわって、会話ができて、電車が見られるショールーム」。室内は、鉄道模型ブランド「トミックス(TOMIX)」などの新製品サンプルや過去の製品、常設ジオラマが展示されているほか、今後は予約制ワークショップなどが計画されています。修理も受け付ける予定です。

 大きな窓からは、目線と同じ高さをJR上野東京ラインの列車が通過していく光景が楽しめます。取材時も、スタッフと新製品について話していると、お召列車にも使われるE655系電車「なごみ」がまさに目の前を通過し会話が盛り上がりました。ショールームでは製品の販売はありませんが、例えばジオラマ製作のコツを共有するなど、スタッフや来場者同士の会話を大事にする場にしたいとトミーテックの担当者は言います。

 営業は、木・金曜が14時から19時まで、土・日曜が13時から18時まで。月〜水曜は定休日です。トミーテックは「遊び方やレイアウトなどショールームスタッフにご相談ください。製品のご提案からコーディネートのアドバイスまで幅広く対応します」としています。

関連記事(外部サイト)