JR四国の新型2700系ディーゼルカー、8月6日営業運転開始 特急「うずしお」から導入

JR四国の新型2700系ディーゼルカー、8月6日営業運転開始 特急「うずしお」から導入

JR四国の2700系特急形ディーゼルカー(2019年1月、草町義和撮影)。

JR四国の新型車両である2700系特急形ディーゼルカーの営業運転開始日が決定。高徳線の特急「うずしお」に導入し、特急「しまんと」「あしずり」「南風」へと拡大する計画です。

9月3日から「しまんと」「あしずり」にも

 JR四国は2019年7月29日(月)、新型車両の2700系特急形ディーゼルカーを、8月6日(火)から営業運転に投入すると発表しました。

 まず、高徳線の特急「うずしお」として高松〜徳島間を走ります。高松発は1・11・17・23号、徳島発は8・14・20・26号が、一部の日に限り2700系で運行されます。

 9月3日(火)以降は土讃線にも投入されます。特急「しまんと1・10号」として高松〜中村〜宿毛間で、特急「あしずり6・9号」として高知〜中村〜宿毛間で、それぞれ運転日を限定して2700系で運行されます。

 9月28日(土)以降は、土讃線の特急「南風」「しまんと」「あしずり」と、高徳線の特急「うずしお」の一部列車が2700系で毎日運行されます。

 今回導入されるのは、普通車が14両、グリーン席と普通席を併設した車両が2両で計16両です。なお、車両の置き換えによる運転時刻や停車駅の変更はありません。

 営業運転開始を記念し、8月6日(火)に高松駅で出発式を開催。また、9月28日(土)に特急「南風」への導入を記念し、高知駅と岡山駅でも出発式が開かれる予定です。

土讃線先行乗車ツアーは2000系「TSE」を展示

 9月1日(日)には、土讃線での営業運転開始に先駆けて「2700系土讃線先行乗車ツアー〜受け継がれる振子式!新たな時代を体感せよ!!〜」が実施されます。高知から多度津まで片道乗車するAコースと、これに加えて多度津工場入場と高知までの復路乗車を加えたBコースを設定。多度津工場では、2700系と、同じ振り子式の“先輩”で2018年に引退した2000系試作編成「TSE」が並べて展示されます。

 大人1人あたりの代金は、Aコースが9800円、Bコースが1万3800円(グリーン1万9800円)です。両コースとも運賃・料金をはじめ昼食の弁当、記念グッズが含まれます。子ども用の設定はありません。8月1日(木)午前10時からウェブサイト「JR四国ツアー」で販売されます。

 2700系は、老朽化している2000系特急形ディーゼルカーを置き換えるために開発された車両です。2017年12月に営業運転を開始した2600系特急形ディーゼルカーをベースに開発されました。車体を傾けることで乗り心地を維持したままカーブを比較的速く通過できる車体傾斜装置については、2600系が空気バネ式を採用したのに対し、2700系は制御付き自然振り子式を採用しています。最高設計速度は130km/hです。

 客室の各座席には、ノートパソコンの使用を考慮した大型テーブルや電源コンセントを設置したほか、ドリンクホルダーとコートフックも装備。無料公衆無線LANサービスに対応(9月28日以降)するほか、車内の安全対策として非常通報装置(SOSボタン)と防犯カメラも設置されます。2700系は今後も導入が進められる計画です。

【写真】2700系ディーゼルカーの車内

関連記事(外部サイト)