京王線で「ガンダムvsハローキティ」スタンプラリー 集めて賞品、イベントも

京王線で「ガンダムvsハローキティ」スタンプラリー 集めて賞品、イベントも

スタンプの一例(画像:京王電鉄)。

京王電鉄が「京王電車スタンプラリー2019〜ガンダムvsハローキティ〜」を実施。各駅に設置されたスタンプを集めると、オリジナルグッズを贈呈します。また、キャラクターと写真撮影などができるイベントも開催します。

スタンプは8駅に設置

 京王電鉄が、「京王電車スタンプラリー2019〜ガンダムvsハローキティ〜」を、2019年8月1日(木)から9月16日(月・祝)まで開催します。

 40周年を迎えたロボットアニメ『機動戦士ガンダム』と、45周年を迎えたサンリオのキャラクター「ハローキティ」が、京王沿線を舞台に人気投票の対決をするものです。

 スタンプラリーへの参加には、新宿や高尾など14駅で、先着3万人に配布されるスタンプ帳を使用します。スタンプは8駅に設置。そのうち新宿、高尾、稲城、吉祥寺がガンダムの絵柄、桜上水、京王八王子、京王多摩センター、渋谷がキティの絵柄です。

 6駅分のスタンプを集め、「京王れーるランド」(東京都日野市)に行くと、先着1万3500人に、京王電鉄の電車と「ガンダムvsハローキティ」が描かれたオリジナルパスケースが贈呈されます。また、同封されている人気投票券でガンダムかキティに投票し、投票券に記載のQRコードを読み込むと、オリジナル賞品がもらえます。

 そのほか、8月17日(土)に京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンター(東京都多摩市)でイベントを開催。フォトスポットで、京王電鉄の電車やガンダム、キティと写真撮影などができます。

関連記事(外部サイト)