115系電車で「旧弥彦色」復刻! 弥彦に行く臨時「越後ぐるっと周遊号」運転 JR東日本

115系電車で「旧弥彦色」復刻! 弥彦に行く臨時「越後ぐるっと周遊号」運転 JR東日本

115系電車「旧弥彦色」リバイバルデザインのイメージ(画像:JR東日本新潟支社)。

JR東日本新潟支社が、115系電車で「旧弥彦色」を復刻。運転開始にあたり、この編成で新潟エリアをまわる旅行商品専用の臨時列車「復刻“旧弥彦色”越後ぐるっと周遊号」を運転します。

9月下旬から運転

 JR東日本新潟支社は2019年7月29日(月)、おもに信越本線・越後線・弥彦線を走る115系電車のデザインを「旧弥彦色」にリバイバルし、9月下旬から運転すると発表しました。

「旧弥彦色」は、弥彦線でのワンマン運転開始に向けた車両改造で1988(昭和63)年ごろに登場。「クリーム10号」と呼ばれる色の車体に「朱色4号」「黄1号」のラインがデザインされています。

 リバイバル編成の運転開始に先立ち、9月21日(土)と22日(日)に旅行商品専用の臨時列車「復刻“旧弥彦色”越後ぐるっと周遊号」を運転。新潟を出発し、現在、定期列車で運用のない弥彦線の吉田〜弥彦間、羽越本線の新津〜新発田間、白新線の新発田〜新潟間などを経由して新潟に戻ります。列車はヘッドマークを掲出した3両編成の予定です。

 びゅうトラベルサービスが企画する旅行商品は、代金が、運賃や特製掛け紙付き弁当、乗車記念グッズなど込みで大人7000円、子ども5600円。発売は8月上旬で、詳細はJR新潟支社のウェブサイトに掲載されます。旅行商品は、阪急交通社新潟支社も発売する予定です。

【写真】新潟地区を走る115系電車

関連記事(外部サイト)