バーティゴも体験 日本とASEAN、初の空軍パイロット交流会実施 その本当の目的は…?

バーティゴも体験 日本とASEAN、初の空軍パイロット交流会実施 その本当の目的は…?

「プロフェッショナル・エアマンシップ・プログラム」にて、ASEAN各国のパイロットたちが国産輸送機C-2のシミュレーターで操縦を体験した(月刊PANZER編集部撮影)。

ASEAN各国の空軍パイロットたちが、航空自衛隊の視察と交流のために来日しました。航空医学実験隊の各種施設やC-2輸送機の物料投下見学など、まるで大人の修学旅行ですが、大事なところではとても真剣な表情を見せていました。

日本とASEAN各国による初のパイロット交流プログラム

 2019年7月8日、防衛省の庁舎に、様々なユニフォームを着た空軍士官(少佐、中佐級)が集まりました。彼らはASEAN(東南アジア諸国連合)加盟全10か国(インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス)それぞれの空軍から現役パイロットが1名ずつと、シンガポール国防省1名、ASEAN事務局1名の計12名からなる、「プロフェッショナル・エアマンシップ・プログラム」(以下「PAP」)の訪問団です。

「PAP」は日本が主導して始まった、大臣や高官ではなく各国空軍で任務に就くパイロット同士による交流プログラムで、インド、太平洋地域における日本とASEAN空軍種間の信頼醸成や、ASEAN内のインターオペラビリティ(相互運用性)向上、現役パイロットとしての安全保障問題に関する忌憚のない議論を目的とし、また今回に関しては、日本の航空自衛隊見学を通じて日本の航空防衛力の考えかたを伝えるプログラムとうたわれています。

 部隊見学では入間基地にて航空医学実験隊を訪れ、高高度飛行時に使われる酸素マスクやレギュレーターの操作を訓練したり、低酸素状態を体験できる低圧訓練装置、空間識訓練装置を見学、体験したりしました。

 なかでも空間識訓練装置は、映像と連動して4軸による回転運動ができるシミュレーターで、実機では再現が難しい各種錯覚を体験できます。三沢基地のF-35A墜落の原因とされる「バーティゴ」(空間識失調)も再現でき、対処法を訓練できるというものです。この装置を持っていない国もあり、初体験というパイロットもいました。

 ただ、昼食後だったこともあってか、一部参加者は体験搭乗を辞退していました。というのも、現役パイロットでもバーティゴはひたすら気分が悪くなるものなのだそうです。エチケット袋も用意されていましたが、幸い使われることはありませんでした。

イチ押しのC-2輸送機もタップリと

 日本がいま、イチ押しで海外にもPRしているのがC-2輸送機ですが、これを見学するために、プログラム参加者たちは航空自衛隊第3輸送航空隊が置かれる鳥取県の美保基地へ移動しました。埼玉県の入間基地からの往路はC-1輸送機に搭乗したのですが、C-2と乗り比べをしてもらう意図もあったようです。

 美保基地にはC-2シミュレーターがあります。実際の美保基地周辺の風景がリアルに再現されており、こちらは空間識訓練装置のときと違って、ほぼ全員が操縦席に座りました。さすが現役パイロット、スムーズな操縦ぶりを見せ、彼らもC-2の操縦性の良さに感心しきりでした。

 第3輸送航空隊は、飛行中の輸送機から物資を投下する「物料投下訓練」を展示しました。最初は見学者(および取材陣)も投下機に搭乗、次に地上から見学と、2回も展示するサービスぶりです。

 物料を搭載して離陸したC-2は、投下態勢を取るべく低空飛行します。気流が悪く機体は揺れていたのですが、機長の計らいかベルトを外して機内見学が許されました。参加者たちはスマホで盛んにあちこち写真を取り、希望者は操縦席へも案内されます。緊張を強いられる低空飛行で操縦席に立ち入りできるのは、異例のことだそうです。部隊として最大限の「おもてなし」をしようというところでしょうか。

 投下演習場に近づくと、全員、座席にきっちり座りベルトを締め直します。大きな後部カーゴベイが広くと、外の景色がよく見えてきます。みんな盛んにスマホで動画を撮っています。実演されたのはLCLA(低コスト低高度投下)と呼ばれる、小さな物料で行われる投下方法で、投下高度は約100mでした。乗員の手で押されたコンテナが動きだし、あっという間に視界から消えます。ちょっとだけパラシュートが開いたのが見えました。

 着陸後は車両に乗り換えて基地内の訓練場に移動し、地上から投下の様子を見学します。高度約100mで見学者の真上を飛行したC-2にちょっとびっくりしましたが、サービスではなく風向きの関係だったようです。

とはいえ「最前線」は見学しないワケ

 各国の参加者は、若手ファイターパイロットからベテランと思しき士官まで多岐にわたっていました。たとえばラオス空軍中佐は、さかんに写真のシャッターを押すようこちらに頼んでくるなど、リラックスしている時間もありましたが、一転して関心の高いプログラムになると同一人物とは思えないくらい真剣になり、さすが現役空軍パイロットだと思わせます。物料コンテナの梱包作業の様子も見学できたのですが、間近に見る機会は少ないらしく、非常に熱心に見入っていたのが印象的でした。

 日本の海上自衛隊とASEANの海軍種「海の男」の交流は、すでに「日ASEAN乗艦協力プログラム」として行われています。今回の「PAP」と共通するワードが「インド太平洋地域における『法の支配』の貫徹」です。これが何を意味するのか、公式には「中国」の名前はひと言も出てきませんが、参加者全員が強く意識していることは間違いないようです。

 このプログラムは実務性よりも、むしろ日本とASEANで軍事面でも様々なレベルで交流を深めていることを対外アピールする意味があります。一方で中国に対するスタンスは、国によって個別事情を抱えています。現在の日本の周辺事情を空軍関係者に知らせるなら、沖縄の那覇基地を見学するのが最適だと思えますが、あえて「最前線」に行かないことも、日本側が各国と中国の関係に配慮したことかもしれません。

 次回の「PAP」は来年、シンガポールで開催される予定となっています。

※一部修正しました(8月8日11時30分)

関連記事(外部サイト)