阪九フェリー新造船、船名は「せっつ」に 神戸航路へ2020年春就航 三菱造船

阪九フェリー新造船、船名は「せっつ」に 神戸航路へ2020年春就航 三菱造船

阪九フェリー新造船「せっつ」命名・進水式の様子(画像:三菱重工業)。

新門司〜神戸航路へ久々に投入される新造船です!

 三菱造船は2019年8月2日(金)、同社の下関造船所 江浦工場(山口県下関市)において、阪九フェリー向け新造船「せっつ」の命名・進水式を行いました。

「せっつ」は三菱造船が受注している阪九フェリー向け新造船2隻のうちの1番船で、新門司〜神戸航路に就航している「やまと」の代替です。船舶の規模を示す総トン数は約1万6300トン、長さ約195m、幅29.6m、旅客定員は663人です。8.5mトラック約277台および乗用車約188台の積載能力を有し、荷役設備として舷側ランプ扉2基、船尾中央ランプ扉1基を搭載しています。

 船のコンセプトは「星空と海をのぞむ癒しの旅」で、内装は港町神戸をイメージしているとのこと。客室最上階である7階には広い空間を設け、船内で最も大きな窓から星空と瀬戸内海が眺望できるそうです。

 環境面では、従来船と比べて約6%の省エネを実現しているほか、2020年から全世界的に適用されるSOx(硫黄酸化物)排出規制への対応策として、排ガス処理装置(スクラバー)を搭載しているといいます。

「せっつ」は今後、艤装工事を経て2020年2月に阪九フェリーへ引き渡され、同年春に新門司〜神戸航路へ就航予定です。1996(平成8)年以来、24年ぶりに同航路へ新造船が投入されることとなります。

関連記事(外部サイト)