長〜い「ダブル連結トラック」運行路線拡充 東北から九州まで 首都圏は圏央道経由

長〜い「ダブル連結トラック」運行路線拡充 東北から九州まで 首都圏は圏央道経由

全長25m「ダブル連結トラック」のイメージ(画像:国土交通省)。

全長25m、追い越し注意です!

 国土交通省は2019年8月8日(木)、1台で通常の大型トラック2台分の輸送が可能な「ダブル連結トラック」の運行対象路線を、同日から拡充したと発表しました。

 通常の大型トラックは全長約12mですが、その荷台部分をさらにもう1台連結したものが「ダブル連結トラック」で、全長は25mに及びます。運行には国の特殊車両通行許可が必要で、これまでは新東名の海老名JCT〜豊田東JCT間を主とする通行経路で認められていましたが、今回、東北の岩手県から九州の福岡県まで対象路線が拡充されました。具体的な路線名、区間は次のとおりです。

・東北道:北上江釣子IC〜久喜白岡JCT
・圏央道:久喜白岡JCT〜海老名南JCT
・東名高速:海老名JCT〜小牧IC
・名神高速:小牧IC〜吹田JCT
・伊勢湾道:豊田東JCT〜四日市JCT
・東名阪道:四日市JCT〜亀山JCT
・新名神高速:四日市JCT〜神戸JCT
・中国道:吹田JCT〜神戸JCT、山口JCT〜下関IC
・山陽道:神戸JCT〜廿日市JCT、大竹JCT〜山口JCT
・広島岩国道路:廿日市JCT〜大竹JCT
・広島道:広島西風新都IC〜広島JCT
・関門橋:下関IC〜門司IC
・九州道:門司IC〜太宰府IC

 物流ドライバーの運転手不足が顕在化するなか、輸送効率の向上を目的に、国土交通省は2016年から新東名を中心として「ダブル連結トラック」の運行実験を重ねてきました。そして2019年1月、全長21mが最大だった特殊車両通行許可基準を25mまで緩和し、本格運行をスタート。福山通運や西濃運輸、ヤマト運輸といった企業が「ダブル連結トラック」を導入しています。

 国土交通省は今後、高速道路SA・PAにダブル連結トラック優先駐車ますを順次整備するとともに、引き続き、運行状況や物流事業者のニーズを踏まえて対象路線について検討するとしています。

関連記事(外部サイト)