青函トンネル全区間で携帯電話「圏外」解消 サービス区間が拡大

青函トンネル全区間で携帯電話「圏外」解消 サービス区間が拡大

青函トンネルで携帯電話通信サービスの提供区間が拡大する(画像:JR北海道)。

北海道新幹線の青函トンネルで、携帯電話通信サービスの提供区間が拡大し、入口から出口までの全区間でつながるようになります。

9月5日からサービス区間が拡大

 JR北海道は2019年8月29日(木)、青函トンネル内の一部区間で実施している携帯電話通信サービスを、9月5日(木)から全区間に拡大すると発表しました。

 本州と北海道をつなぐ青函トンネルでは、4月から海底区間の竜飛定点(旧竜飛海底駅)〜吉岡定点(旧吉岡海底駅)間23.3kmで携帯電話通信サービスが提供されてきました。今回、提供区間が拡大し、新たに入口〜竜飛定点間約13.6kmと、吉岡定点〜出口間約17.0kmでもサービスが始まります。

 これにより、青函トンネルの入口から出口までの全区間で携帯電話がつながるようになります。

 なお、今回の拡大で北海道新幹線の全トンネル長計約97km中、約55km(約57%)で携帯電話がつながるようになりますが、残りの約42km(約43%)の区間については、引き続き工事が進められます。

関連記事(外部サイト)