「特大荷物置場」東海道・山陽・九州新幹線に設置へ 追加料金不要・事前予約で利用可

東海道・山陽・九州新幹線に「特大荷物置場」設置へ 追加料金不要で事前予約制に

記事まとめ

  • 東海道・山陽・九州新幹線の車両に、事前予約で使える"特大荷物置場"が設置される
  • 指定席とセットで事前予約すると利用が可能で、追加料金は不要だという
  • 対象は3辺の合計が160cm超250cm以内で、国際線航空機の有料預け入れ荷物に相当する

「特大荷物置場」東海道・山陽・九州新幹線に設置へ 追加料金不要・事前予約で利用可

「特大荷物置場」東海道・山陽・九州新幹線に設置へ 追加料金不要・事前予約で利用可

持ち込み可能な荷物の大きさ(画像:JR東海)。

東海道・山陽・九州新幹線の車両に「特大荷物置場」が設置されます。指定席とセットで、事前予約することで利用が可能。追加料金は不要です。客室内の「荷物スペース」と、デッキ部の「荷物コーナー」が整備されます。

2020年5月中旬から

 JR東海とJR西日本、JR九州は2019年8月29日(木)、東海道・山陽・九州新幹線の車両に、事前予約で使える特大荷物置場を設置すると発表しました。

 サービスは2020年4月中旬から予約受付を開始し、5月中旬から開始する計画です。事前予約制の対象となる荷物は、幅・高さ・奥行の3辺の合計が160cm超250cm以内のもの。概ね国際線航空機の有料預け入れ荷物のサイズに相当します。

 特大荷物置場は、客室内最後部の座席後ろにある既存のスペースを「荷物スペース」として新たに指定します。また、2023年度からは、車内デッキ部の一部洗面所を、鍵付きの「荷物コーナー」として整備します(一部編成を除く)。

 これらの特大荷物置場を利用するには、インターネット予約サービスや券売機、「みどりの窓口」などで、特定の指定席とセットでの事前予約が必要です。追加料金は不要ですが、事前に予約せず特大荷物を列車内に持ち込んだ場合は、持込手数料1000円が請求されるとともに、乗務員が指定する場所に荷物を収納することになります。

 なお、特大荷物置場を利用できる指定席は、特大荷物を持った人向けですが、ベビーカーなど荷物置場を必要とする事情のある人も利用が可能です。

関連記事(外部サイト)