「映え」な幻の橋も奇跡の全露呈! 北海道 三国峠をゆく路線バスにいま乗りたいワケ

「映え」な幻の橋も奇跡の全露呈! 北海道 三国峠をゆく路線バスにいま乗りたいワケ

三国峠トンネルを出て帯広方面へ向かう「ノースライナーみくに号」。道北バスが運行(2019年8月、宮武和多哉撮影)。

北海道の帯広と旭川を結ぶ都市間バスのうち、道内の国道でもっとも標高が高い三国峠を越える便があります。車窓に広がる絶景もさることながら、沿線で話題となっている「幻の橋」も、見どころのひとつです。

北海道の国道最高所を走り抜ける都市間バス

 北海道の国道最高所を通るバスと、その沿線にある「幻の橋」。これらには、いま乗っておくべき、いま行っておくべき理由がありました。

 2019年現在、帯広駅と旭川駅のあいだを1日3往復の都市間バス(おもに高速バス車両で運行される長距離路線バス)「ノースライナー」が結んでいます。うち2往復は、JR根室本線や富良野線に並行する「狩勝峠」ルートを経由しますが、もう1往復はそれより東の国道273号「三国峠」を通り、狩勝峠経由の便と区別して「ノースライナーみくに号」と呼ばれます。所要時間は、狩勝峠経由が4時間、三国峠経由が3時間45分です。

 三国峠便の魅力は、なんといっても沿線の景色です。北海道の国道で最高所となる標高1139mの三国峠はもちろん、糠平(ぬかびら)湖(北海道上士幌町)周辺や、断崖絶壁が続く層雲峡(同・上川町)などは紅葉スポットとしても知られ、秋にはバスの車窓でも紅葉を堪能できます。

 ただ、この雄大な自然は、バスの運転手にとって苦労の種でもあります。シカをはじめとした野生動物が車道に出てくることが多く、9月に乗車した際には、運転手さんが「今日はシカ3頭か、少なかったねぇ」と話すような環境です。沿道には「野生動物と自然優先」といった看板が見られるのですが、運転手さんも慣れた様子で、動物が通るような場所にさしかかるたび、速度を落として慎重に走り抜けます。また三国峠は前後で天気が変わりやすく、旭川では晴れていても、三国峠のトンネルを抜けると濃霧に包まれることもしばしばあるそうです。

 そうした環境を走るこのバスの沿線で近年、ある橋が観光資源として注目されています。糠平湖のなかに佇む11のアーチが連なるコンクリート橋「タウシュベツ川橋りょう」です。旧国鉄士幌線の鉄道橋、つまり廃線の橋ですが、これを見に多くの人が訪れています。

「まるで古代遺跡」 タウシュベツ川橋りょう、人気の秘密

 タウシュベツ川橋りょうは、バスが通る国道側から糠平湖を挟んだ東側に位置し、「ノースライナーみくに号」が停まる五ノ沢バス停から北へ1.5kmほどのところに、橋を遠くから眺めるための展望台もあります。しかし、これを間近で見るには、森林管理署の通行許可が必要な林道を通るため、地元のガイドセンターが主催する指定のツアーに参加するなどしなければなりません。また、周辺にはヒグマなども生息しており、装備面の対策も求められます。

 このように近づくこと自体が容易ではない橋ですが、SNS「インスタグラム」において2019年8月28日現在、「タウシュベツ橋梁」のハッシュタグが付けられた写真が5600件以上もアップロードされています。なぜこれほど人気を集めているのでしょうか。

 タウシュベツ川橋りょうは前出のとおり、帯広駅と十勝三股駅(北海道上士幌町)を結んだ旧国鉄士幌線の橋として、1939(昭和14)にタウシュベツ川へ架けられました。しかし、戦後の糠平ダム建設にともない、周辺はダム湖(糠平湖)へ沈むことになり、この橋を含む一部区間は1955(昭和30)年に新しいルートへ付け替えられました(その後、1987〈昭和62〉年に路線廃止)。こうしてタウシュベツ川橋りょうは、16年で使命を終え、糠平湖のなかに取り残されたのです。

 糠平湖には夏から秋にかけて水が貯め込まれ、橋は徐々に沈んでいきます。そして暖房需要が高まる冬場に発電が続けられ、春に湖が干上がると橋が再びその全容を現す、というサイクルが約60年も続いてきました。この年月を経たコンクリート製アーチ橋の「古代遺跡のような朽ち果てた姿」が、いわゆる「インスタ映え」のスポットとして人気を集めている理由だと、地元のガイドさんは話します。

 しかしそれは「早いペースで劣化が進んでいる」ということでもあり、いつ橋が崩壊してもおかしくない状況にあるのです。

 旧国鉄士幌線の橋は、タウシュベツ川橋りょう以外にも現存しており、一部は「ノースライナーみくに号」の車窓からも眺めることができます。しかし、タウシュベツ川橋りょうだけは、湖に沈む過酷な環境にあることから、ほかの橋と比べ10倍ほど早く劣化が進んでいるそうです。つまり、この橋が使われなくなってからの約60年という歳月は、約600年ぶんに相当する、というわけです。

橋も、バスも いま行っておくべき理由

 ガイドさんによると、かつてのタウシュベツ川橋りょうは、地元の人が登って釣りをするような場所だったといい、地元以外では長いあいだ忘れられていたそうです。しかし、鉄道ファンのあいだで廃線への関心が高まるにつれ、少しずつその存在が口コミで広まり、10年ほど前から現地を案内するツアーも始まりました。現在では予約が困難な場合もあるほどの盛況ぶりで、鉄道ファン以外の来訪も増えているといいます。

 また、この橋は1年のうちに周辺の環境が刻々と変化していくのも魅力のひとつでしょう。水を湛えた時期の水面に映った姿、凍ったダム湖からぽつんと顔を出した姿など、訪れるたびに光景が変わり、遠方から何度も訪問する人も多いそうです。ちなみに、2019年の夏は渇水でダム湖に水がない時期が長く、8月21日(水)に訪問した際は、橋の周りに野草が茂り、蝶が舞っている光景を見ることができました。現地の状況は、ガイドツアーを主催するNPO法人ひがし大雪自然ガイドセンターのウェブサイトなどで随時発信されています。

 タウシュベツ川橋りょうの今後もさることながら、この近くを通る「ノースライナーみくに号」も、先行きは決して安泰ではないでしょう。狩勝峠経由の便より15分ほど所要時間は短いものの、乗客数の低迷もあり、2010(平成22)年には2往復から現在の1往復へ減便されました。なにぶん沿線人口が少なく、温泉街を抱える糠平地区ですら人口が100人を切り、小学校も2019年度で閉校という状況です。沿線に新得や富良野といった市街地を抱える狩勝峠経由の便と比べても、不利な状況といえるでしょう。

関連記事(外部サイト)