近鉄名阪特急の新型80000系「ひのとり」2020年3月デビュー 特別車両料金も決定

近鉄名阪特急の新型80000系「ひのとり」2020年3月デビュー 特別車両料金も決定

名阪特急の新型80000系電車「ひのとり」の外観イメージ(画像:近畿日本鉄道)。

近鉄が名阪特急に新型車両の80000系電車「ひのとり」を導入します。車内はプレミアム車両とレギュラー車両を設定。営業運転開始時は大阪難波〜近鉄名古屋間を1日6往復します。

大阪難波〜近鉄名古屋間で運転

 近鉄は2019年8月30日(金)、名阪特急に投入する新型車両の名称を「ひのとり」とし、2020年3月14日(土)に営業運転を開始すると発表しました。

 車両は80000系電車を使用。6両編成8本と8両編成3本の計11本(72両)を製造する計画です。列車は大阪難波〜近鉄名古屋間のほか、大阪難波〜近鉄奈良間の一部の特急でも運用されます。

 近鉄によると「ひのとり」の名称は「先進的でスピード感ある車体フォルム、深い艶感のあるメタリックレッドといった外観デザインに加え、ゆったりとした空間や上質なサービスを提供する気品ある車両のイメージを、翼を大きく広げて飛翔する『ひのとり』に重ね合わせて命名」したとのこと。

 ロゴは、利用者に親しみを持ってもらえるとともに、近鉄の新たなシンボル特急として大きく飛翔していくことを期待して作成したといいます。

車両は「プレミアム」「レギュラー」の2種類

 車内は、プレミアム車両(両先頭車両)と、レギュラー車両(中間車両)が設定されます。

 プレミアム車両は全席3列シートで、後席に気兼ねなく背もたれを倒せるバックシェルを設置。座席は本革を使用し、電動リクライニングや電動レッグレスト、高さと角度が調整できるヘッドレストを備えます。収納式の大型テーブルや電源コンセント、読書灯、ヒーターなども付きます。座席の前後間隔は日本最大級の130cmです。ハイデッカー構造と前面・側面の大型ガラスにより、広い眺望を確保します。

 レギュラー車両は4列シートで、座席の前後間隔は、レギュラー車両としては近鉄最大の116cm。座席はプレミアム車両と同様、バックシェルを設けます。テーブルや電源コンセント、高さを調整できるフットレストなどが付きます。

 両車両とも、空気清浄機、無料Wi-Fi、大型の荷物に対応した置き場を導入。客室やデッキ、大型荷物置き場には、防犯カメラも設置されます。また、コーヒーサーバーなどを備えたカフェスポットをはじめ、ベンチスペース、自動販売機、喫煙室、多目的トイレなども用意されます。

「ひのとり」の乗車には、運賃、特急料金のほか、特別車両料金が必要。大阪難波〜近鉄名古屋間の場合、プレミアム車両は900円、レギュラー車両は200円です。消費税率引き上げに伴う改定後の運賃(申請中)・特急料金を含めた合計額は、プレミアム車両が5240円、レギュラー車両が4540円です。

 2020年3月14日(土)時点では、6両編成3本を導入し、平日・土休日とも大阪難波〜近鉄名古屋間を1日6往復します。2020年度中に全11本がそろい、大阪難波駅と近鉄名古屋駅の毎時0分発のほか、停車駅の少ない名阪特急のすべてが「ひのとり」に置き換わる計画です。

関連記事(外部サイト)