都内最古の駅遺構「昌平橋駅」と「万世橋駅」 関東大震災で焼失を免れた知られざる駅

都内最古の駅遺構「昌平橋駅」と「万世橋駅」 関東大震災で焼失を免れた知られざる駅

関東大震災前の万世橋駅。ホームは跡が残る現在とほぼ同じ位置。隣接して立派な駅舎があった(『市街高架線東京萬世橋間建設紀要』より)。

関東大震災で奇跡的に焼失を免れた駅のひとつに、「昌平橋駅」(現在のJR中央線)があります。駅として活躍した期間はわずか4年でしたが、遺構が飲食店となった現在も、「鉄道史の証人」としてその外観を残しています。

中央線御茶ノ水駅の隣にあった、知られざる駅

 JR中央線で神田から御茶ノ水方面に向かうと、途中右手車窓に廃止された短いホームのようなものが現れます。そのホームの真ん中付近には瀟洒(しょうしゃ)なガラス張りの建物があり、電車はそのすぐ横を通り過ぎていきます。

 この建物は、旧万世橋駅のホーム上に造られたカフェ「PLATINUM FISH マーチエキュート神田万世橋店」。かつてはこの地点に万世橋駅がありました。東京駅の赤れんが駅舎を小ぶりにしたような立派な駅舎もありましたが、いまから96年前(1923年)の9月1日に起きた関東大震災の際、内部が全焼してしまいました。

 このあたりの中央線は、れんが造りの高架橋上を走っています。高架橋の下には2013(平成25)年、「マーチエキュート神田万世橋」という商業施設ができたので、昔ここに駅があったことは、鉄道好き以外でも知る人が増えてきたようです。

 今回注目したいのは、この旧万世橋駅から300メートルほど御茶ノ水駅寄りにあった昌平橋駅です。こちらはほとんど知られていませんし、現地に案内板もありません。駅だった部分の高架下は後述するように4軒の飲食店となっていて、食事をしながら往時をしのべるのが嬉しい点です。

都内に現存する最古の駅関連施設

 昌平橋駅の開業は1908(明治41)年。上にホームのあった高架橋は、4連のれんがアーチ構造になっています。「紅梅河岸高架橋」というのが正式名称ですが、高架橋というよりれんが造りの重厚な建物といったほうが分かりやすいでしょう。ホームなどは撤去されているものの、当時のままの高架橋の上をいまも中央線が走っています。

 都内の現役駅舎の古いのものでは、東京駅赤れんが駅舎が1914(大正3)年、木造駅舎として都内最古の原宿駅駅舎が1924(大正13)年の竣工です。明治生まれの旧昌平橋駅はそれより古く、その意味で旧昌平橋駅の高架橋は、都内に現存する駅関連施設としては最古のものといえるでしょう。

 昌平橋駅の歴史を整理しておきましょう。甲武鉄道(現在の中央線で1906年に国有化)が新宿方面から御茶ノ水まで開通したのが1904(明治37)年。その4年後に隣の昌平橋まで延伸し、現在の中央線はこの駅が始終点になりました。

 さらに1912(明治45)年、約300メートル神田側へ延伸し万世橋駅が開業します。このとき昌平橋駅は廃止となります。昌平橋駅はわずか4年の命でした。ほとんど知られていないのは、短命だったことにもよるでしょう。

 この後、1919(大正8)年には神田まで開通し、隣の東京駅へ乗り入れを果たします。

なぜ昌平橋駅は、関東大震災で焼失を免れたのか?

 関東大震災では、この一帯に広域大火災が発生します。万世橋駅舎が赤れんが造りなのに全焼したのは、多くの人がこの駅舎の中にたくさんの荷物を持って避難してきて、その荷物に火がついてしまったためでした。万世橋駅は、戦時中の1943(昭和18)年に休止となります。

 旧昌平橋駅のほうは、関東大震災当時、駅ではなくなっていたので人が押し寄せなかったことが幸いしました。焼けることはなく、れんがアーチの下は自動車修理の工場、バナナの室、レストランやホテル運営会社の「聚楽(じゅらく)」や家電量販店チェーン「石丸電気」の倉庫などに利用されてきました。

 現在はスペイン居酒屋「El Chateo del Puente」「じゅらく酒亭」「ブッチャーズ八百八」「淡路坂珈琲」といった、いずれもカジュアルな飲食店となっています。

 当時の昌平橋駅入口は4連アーチのうち一番神田寄り部分だったようです。写真を手がかりに推測すると、神田川側に設けられた外階段でホームへと上ったようです。

 現在、上記飲食店に入ると、耐震補強がなされていてかつての姿と異なり、切符売場の跡なども残念ながらありません。十数年前まで倉庫だった時代を知る人によれば、アーチの天井には古びたれんががむき出しになっていたそうです。

 110年以上前に造られた駅の遺構に入る店で食事を愉しみながら、東京の鉄道の歴史を振り返ってみるのがおすすめです。

関連記事(外部サイト)