速力試験中か、海自護衛艦「まや」を目撃 伊豆大島沖にて 2020年3月就役の最新鋭艦

速力試験中か、海自護衛艦「まや」を目撃 伊豆大島沖にて 2020年3月就役の最新鋭艦

伊豆大島沖で公試中と見られる護衛艦「まや」。艦首から白波が立っているのが確認できる(2019年9月2日、専大戦史研〈@senkenHQ〉さん撮影)。

2020年3月の就役を前に、性能試験中と見られる護衛艦「まや」が目撃されました。

 伊豆諸島北部の伊豆大島沖で2019年9月2日(月)、海上公試(性能試験)中と見られる海上自衛隊の護衛艦「まや」が目撃されました。艦首から白波が大きく立っていることから、速力試験中と見られます。

「まや」は2018年7月30日に進水した、まや型護衛艦の1番艦で、海上自衛隊の護衛艦で初めて、護衛艦や潜水艦、航空機などをネットワークで結び、各々が捉えた敵情報を共有できる「共同交戦能力(CEC、Cooperative Engagement Capability)」を搭載した新型艦です。2020年3月の就役が予定されています。

関連記事(外部サイト)