全国1位! 行列のできる「道の駅北浦街道豊北」 海辺の駅で地魚や焼きたてパンを

全国1位! 行列のできる「道の駅北浦街道豊北」 海辺の駅で地魚や焼きたてパンを

大水槽で生きたまま売っている魚に客も大興奮(森田公司撮影)。

旅行サイト「トリップアドバイザー」が行った「旅好きが選ぶ!道の駅ランキング2018」で、全国1位に輝いた「道の駅北浦街道豊北」。獲れたての地魚メニューが楽しめるレストランは、平日でも行列ができる人気ぶりです。

仲買人の免許を持つ社員が魚介類を仕入れる

【本記事は、旅行読売出版社の協力を得て、『旅行読売』2019年9月号に掲載された特集「一度は食べたい! 買いたい! 行列のできる道の駅」内の記事を再構成したものです】

※ ※ ※

 月曜の11時。道の駅北浦街道豊北のレストランでは、券売機に30人ほどの行列ができていた。すでに120席あるテーブルは満席で、平日とは思えない。

 「7周年を迎え、おかげさまでリピーターも増えています。ただ週末は、駐車渋滞でご迷惑をおかけしています」と、駅長の藤野亘さんは申し訳なさそうに話す。

 ここは山口県北西部の日本海沿い。話題の角島(つのしま)大橋から南へ5kmほどにある。最寄りの中国道下関ICからも1時間ほどかかり、決して訪れやすいとはいえない。それでも多い日は3000人〜5000人が訪れ、駐車場は10回転もするという。

 冒頭で触れたレストランは、そんな客のお目当ての一つ。地元・特牛(こっとい)港に揚がる地魚を中心にメニューは47種あり、窓の外は一面の海。角島大橋を全席から望める。

 一番人気は、おまかせ海鮮丼(1800円)だ。当日の水揚げにより魚が変わるから「おまかせ」。この日はタイ、ヒラマサ、イカ、ハマチ、ウニなど9種。特にイカは地元の北浦海域で水揚げされる剣先イカで、「特牛イカ」と呼ばれる高級ブランドだ。肉厚で軟らかい身は甘みも濃厚。一杯丸ごと味わえる「いか活き造り(2800円)」もある。

 仲買人の免許を持つ社員がいるので、魚介類は特牛港などから直接仕入れている。「ほうほく夢市場」では販売もし、値段は仕入れやサイズで異なり、取材日(6月24日)はアジ8尾280円、カマス2尾309円〜、ウルメイワシ3尾190円など。小エビは20尾以上入って380円で、サザエは12個で755円〜。

「刺し身や3枚下ろしもしますよ。海士(あま)が潜って獲るウニやアワビもおすすめ」と、鮮魚担当の有田勝秀さんが教えてくれた。調理代は3枚下ろしが2枚100円で、刺し身が希望なら300円。

物産品が充実! 油谷湾の塩で作ったパンも

 店内では魚のほか、野菜や果物、スイーツなど約3000アイテムを販売している。農産物は140人もの契約農家が出荷し、常に旬のものが並んでいる。キュウリやタマネギの出荷に来ていた市倉キヨ子さんは、「うちは小規模だけど種類を多く作れるから楽しくて。今度は何を作ろうかしら」と笑顔で陳列していた。

 パン工房にも客が集まっていた。人気の塩クロワッサン(100円)と塩バターパン(130円)の焼き上がり時間に合わせて来ている。近くの油谷(ゆや)湾は海と森の栄養分が重なり合う汽水域。その海水から立体式塩田や釜炊きで生まれた塩を使っているのが人気のポイントという。

 テラスで海を眺めながらパンを食べるのも気持ちがいい。海上に美しい造形を見せる角島大橋と、鳩島や双子島。日の差し込み具合で、エメラルド色にもサファイア色にも映る海面もきれい。

「日曜には500円でサザエのつかみ取りを行うなど催しもいっぱい。地元スタッフ
67人が一丸となり、道の駅から豊北町の魅力をもっと伝えられるよう頑張ります」と藤野さんは熱く語った。

全国1位に輝いた、海を見渡す道の駅

 道の駅北浦街道豊北は、旅行サイト「トリップアドバイザー」が行った「旅好きが選ぶ!道の駅ランキング2018」で、全国1位に輝いた。景観や料理、物販はもちろん、1時間ごとにトイレ清掃をしたり、施設をきれいに保ち気持ち良く利用してもらうためにゴミ箱を多数設置する取り組みなども評価されたようだ。

 7月に来場者が累計400万人を超えたが、1000万人達成もそう遠くはなさそうだ。

・電話:083-786-0111
・住所:下関市豊北町神田上314-1
・営業時間:「ほうほく夢市場」8時30分〜19時、レストラン「わくわく亭」10時〜18時、パン工房「メゾン ド ラメール」9時〜完売次第に閉店(季節により変動あり)/第1・3火曜休(季節により変動あり)
・駐車場:【普通車】141台【大型車】5台
・アクセス:中国道下関ICから県道40号、国道191号経由44km

周辺情報

●角島(つのしま)大橋
 本州と角島を結ぶ全長1780mの橋で、2000年に開通。トヨタなど車のCMでも話題になった。本州と島側それぞれに展望台がある。電話:083-782-1914(豊北総合支所地域政策課)

●遊覧船「海士ヶ瀬(あまがせ)」
 4月から運航スタート。和久漁港から角島大橋を潜って周遊する(50分)。9時30分〜16時、火・水曜と12月〜2月休。電話:090-3748-0752(山口県漁業協同組合豊浦統括支店総務課)

●福徳稲荷神社C
 本殿から見渡せる大海原が印象的で、古くから「犬鳴のお稲荷さん」として親しまれる。赤い鳥居が連なる千本鳥居でも知られる。境内自由(御朱印は9時30分〜15時)。電話:083-776-0125

・旅行読売(Fujisan.co.jp)
http://www.fujisan.co.jp/product/2782/ap-norimono

関連記事(外部サイト)