三菱造船が新日本海フェリーから新造船2隻受注 新設「横須賀〜北九州航路」向け想定

三菱造船が新日本海フェリーから新造船2隻受注 新設「横須賀〜北九州航路」向け想定

新日本海フェリー「すずらん」。横須賀〜北九州航路で同等クラスの船舶が使われる予定(画像:横須賀市)。

露天風呂や展望浴場も設けられるそうです。

 三菱重工業は2019年9月24日(火)、グループ会社の三菱造船が、新日本海フェリーから大型高速フェリー2隻を受注したと発表しました。2隻は三菱重工業 長崎造船所の本工場で建造されます。

 新造船の大きさは長さ約222.5m、幅25m、約1万5400総トン。12mトラック約154台と乗用車約30台を積載でき、旅客定員は268人だそうです。船内はエントランスが3層吹き抜けとなり、シースルーエレベーターが装備されるほか、露天風呂や展望浴場、レストランやバーベキューコーナーが設けられ、海を眺めながらの入浴や食事を楽しむことができるといいます。

 また環境面では、在来船と比べ約6%の省エネルギーを実現。2020年から適用されるSOx(硫黄酸化物)排出規制への対応策として、主機関および発電機関に排ガス浄化装置(スクラバー)を搭載するそうです。

 発注者である新日本海フェリーによると、現時点で確定的ではないとしつつも、この2隻は同社グループが新たに開設する横須賀〜北九州航路への投入を想定しているそうです。この航路の運航を担う新会社「東京九州フェリー」も2019年4月に設立されているといいます。新造船の引き渡しは2021年6月の予定で、航路開設も同時期になるそうです。

関連記事(外部サイト)