なぜ減るミニバン乗車定員 8人乗り廃止、5人乗り新規設定も ユーザーがそれ選ぶ理由は

ホンダのフリードは3年強で8人乗り廃止 乗車定員が少ないミニバンが増加

記事まとめ

  • ミニバンは「多人数乗れる」ことがウリだが、乗車定員が少ないモデルが増えている
  • ホンダの初代フリードは8人乗りだが3年強で廃止され、7人、6人、5人乗りの3通りに
  • トヨタ「シエンタ」も、7人乗り、6人乗りに加え18年には5人乗りモデルが追加された

なぜ減るミニバン乗車定員 8人乗り廃止、5人乗り新規設定も ユーザーがそれ選ぶ理由は

なぜ減るミニバン乗車定員 8人乗り廃止、5人乗り新規設定も ユーザーがそれ選ぶ理由は

3列目座席を廃したホンダ「フリード+」の内装(画像:ホンダ)。

ミニバンといえば「多人数乗れること」がひとつのウリでしたが、近年、3列目シートを廃止するなど乗車定員を減らしたモデルが登場しています。8人乗りから5人乗りまで、それぞれどのように使われているのでしょうか。

乗車定員が異なるコンパクトミニバン、どう選ばれている?

 ミニバンは「多人数乗れる」ことがウリですが、近年、状況に変化が見えます。2019年現在、乗車定員が少ないモデルが増えているのです。

 たとえばコンパクトミニバンのホンダ「フリード」は、7人、6人、5人乗りの3通りをラインアップしています。7人乗りと6人乗りの違いは2列目の座席にあり、7人乗りは隙間のない「ベンチシート」なのに対し、6人乗りはひじ掛けなどを備えた「キャプテンシート」2席配置。座席と座席のあいだが空いているため3列目へウォークスルーで移ることができます。5人乗りは2列目がベンチシートで、3列目座席を廃したモデルです。

 トヨタ「シエンタ」も、7人乗り、6人乗りに加え、2018年には2列5人乗りモデルが追加されました。トヨタによると、購入比率は7人乗りが57%、6人乗りが7%、5人乗りが36%だそうです。7人乗りと6人乗りはファミリー層の多人数乗車を、5人乗りは自転車やサーフボードを載せたり、車中泊を楽しんだりと、趣味での利用を想定したものだといいます。

 対して「フリード」の購入比率は、ホンダによると7人乗りが24%、6人乗りが56%、5人乗りが20%とのこと。「7人および6人乗りはファミリー層が中心で、2列目キャプテンシートという快適性で6人乗りを選ばれる方もいらっしゃいますが、おもには3列目へのウォークスルー構造が必要かどうか、で選択されています」と話します。

8人乗りは早々と廃止した「フリード」

 ホンダによると、7人乗り「フリード」のベンチシートは、たとえば小さな子のオムツ替えなどに使いやすいといいます。一方、2列目の中央部が空いている6人乗りは、やや大きい子どもがいる場合に便利な場面があるとのこと。たとえば、突然の雨で自転車通学の子どもを駅までクルマで迎えに行く場合、6人乗りであれば3列目を跳ね上げ、2列目中央の空間にタイヤを収める形で、自転車を立てたまま載せるような場面が考えられるそうです。

 対して3列目を廃した5人乗りは、独身または「子離れ層」のユーザーがほとんどだといい、「シエンタ」と同様、ホンダも荷室を広く使える、車中泊がしやすいといったことをメリットとして挙げます。5人乗りのコンパクトカーならば「フィット」などもありますが、室内が高い「ミニバンの形」と、その使い勝手が選ばれているといいます。

「シエンタ」は当初から最大で7人乗りでしたが、2008(平成20)年登場の初代「フリード」には8人乗りの設定がありました。しかし、これは3年強で廃止されています。

「当初のラインアップは前列から『2:2:3』人配置の7人乗りと、『2:3:3』配置の8人乗りで、いずれも3列目が3人掛けになっていました。しかし、実際の使われ方を見てみると、8人乗るから8人乗りが選ばれているわけではなく、2列目がベンチシートだから、ということだったのです」(ホンダ)

 これを受け、3列目を2人掛けにしてひとりあたりのスペースを広く取り、3列仕様を6人乗りと7人乗りのラインアップに変更し、現在に至っているそうです。「多人数乗れればよいというわけではなく、それぞれの使い方に応じたタイプが選ばれています」とホンダは話します。

 ちなみに、ホンダ「ステップワゴン」などミドルクラスのミニバンも、かつては8人乗りが一般的でしたが、いまでは2列目キャプテンシートの7人乗りが標準となっています。また2019年1月には、トヨタのカスタマイズブランド「モデリスタ」から、「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」を2列5人乗り仕様にしたコンプリートカーも登場しています。

関連記事(外部サイト)