駅名が変わる瞬間に密着 確実に変える工夫とは? 東急 南町田グランベリーパーク駅

駅名が変わる瞬間に密着 確実に変える工夫とは? 東急 南町田グランベリーパーク駅

「南町田」という旧駅名の表示をはがすと、その下には「南町田グランベリーパーク」の新駅名がすでにあった(2019年10月1日、恵 知仁撮影)。

東急田園都市線の南町田駅が、南町田グランベリーパーク駅に変わる瞬間へ密着。そこには、確実に駅名を変える工夫がありました。また同駅は、「滝」や「映像が流れる大階段」など、個性的な駅に生まれ変わります。

「変更当日に差し替える」のではなく…

 東急田園都市線の南町田駅(東京都町田市)が2019年10月1日(火)、駅名を「南町田グランベリーパーク」に変更。その「瞬間」に密着しました。

 10月1日(火)の午前1時過ぎ――9月30日(月)25時過ぎの終電後、待機していた作業員たちが動き出しました。

 なお今回は、同日の消費税増税にともない駅掲示の運賃表も改められるほか、同駅が平日も急行停車駅になる、大井町線直通の急行列車が中央林間駅(神奈川県大和市)まで走り出す、といったダイヤ改正が行われるため、駅掲示の時刻表も改められます。

 こうした掲示を改める作業は、看板や案内板そのものを取り替えるのではありません。基本的に取り替えはすでに終了しており、新しい看板などの上に貼られていた「南町田」という旧駅名、「調整中」といった表示をはがしていく作業になります。駅舎に掲げられる駅名の表示もすでに設置済みで、覆いを外すだけです。

 それら準備について、時刻表や運賃表は3〜4か月前から各駅で進めていたとのこと。新しくなるタイミングでは「はがすだけ」という、万全な状態にしておくわけです。

ホームの駅名看板は特別バージョン

 今回の駅名変更は、南町田駅の南側に広がる鶴間公園と、旧グランベリーモール跡地を中心に、官民が連携して「新しい暮らしの拠点」を創り出すまちづくりプロジェクト「南町田グランベリーパーク」に関係するもの。全234店舗が出店する商業施設が誕生するほか、「スヌーピーミュージアム」も開館します。

 そうした背景から、南町田グランベリーパーク駅は構造も特徴的です。駅構内には滝があり、水が流れます。大階段にはLEDが仕込まれ、映像が流れます。ワクワク感、にぎわい感の演出で、そうしたとのこと。ちなみに、滝には風速計も備えられており、強風でしぶきが飛びそうな場合、水を止めるようになっているそうです。

 ちなみに、南町田グランベリーパーク駅のホームにある駅名標、文字数が多いことから、通常なら2mの横幅が2.5mになったとのこと。

 また「南町田グランベリーパーク」の“まちびらき”は、2019年11月13日(水)に行われる予定です。

関連記事(外部サイト)