JAL東京〜シドニー線が50周年 豪観光ブームの追い風、不景気の向かい風を乗り越えて

JAL東京〜シドニー線が50周年 豪観光ブームの追い風、不景気の向かい風を乗り越えて

シドニーのオペラハウスで行われた記念式典の様子(2019年9月30日、乗りものニュース編集部撮影)。

JALのシドニー線が50周年を迎えましたが、必ずしも順風満帆ではありませんでした。最大の危機は日本の不景気。路線撤退が続くなか、オーストラリア路線唯一の生き残りがシドニー線でした。ただ現在はビジネス利用も増えているそうです。

香港経由、マニラ給油でスタート

 JAL(日本航空)の東京(成田・羽田)〜シドニー(オーストラリア)線が2019年9月30日(月)、就航50周年を迎えました。これを記念し同日、シドニーのオペラハウスでパーティーが開催されたほか、翌10月1日(火)のシドニー発成田行きJL772便の搭乗ゲート前でも、出発前にセレモニーが行われました。

 JALは、1969(昭和44)年9月30日にこの路線を開設。就航当初はダグラス(現ボーイング)のDC-8-62型機(146席)で香港を経由し、マニラで給油してシドニーまで、約16時間かかりました。現在は、ボーイング787-9型機(195席)を直行で毎日運航。所要時間10時間弱と、大きく短縮されています。

 JALの日本〜オーストラリア線は現在、成田〜シドニー線と、成田〜メルボルン線(2017年9月開設)の2路線。しかし50年の歴史を振り返ると、必ずしも、順風満帆ではなかったようです。

かつては「ジャンボ」も飛んでいた

 東京〜シドニー線は1975(昭和50)年、DC-8-62型機で直行運航を開始。1981(昭和56)年からは、300〜400席仕様の「ジャンボ」ことボーイング747型機が投入されます。

 1990年代に入ると、日本のオーストラリア観光ブームが最高潮に。JALは成田〜シドニー、ケアンズ、ブリスベン線を運航していたほか、関西〜シドニー線も開設し、ここにも「ジャンボ」を投入しました。

 JALの豊島滝三専務によると、JALの飛行機だけでは足りず、カンタス航空(オーストラリア)の飛行機を借りて運航していた時代もあったそうです。

一度は路線縮小したオーストラリア線 JALの強みとは?

 しかしその後、日本の景気低迷の影響を受け、日本〜オーストラリア間の航空需要が激減。JALのオーストラリア線も、成田〜シドニー線のみになったことがあります。

 現在では景気も回復し、過去最高水準の年間100万人という行き来がある日本とオーストラリア。JALの成田〜シドニー線は観光客が多めながら、近年ではビジネス需要も増えているといいます。

 JALがシドニー線に導入しているボーイング787型機のエコノミークラスは、横8列(2-4-2列)の座席配置です。同型機のエコノミークラスは横9列が標準的なところ、1列少ないぶん、1席あたりの横幅をまた、前後間隔も各5p程度、拡大しているといいます。日本人より体が大きいオーストラリアの利用者からも評判がよいそうです。

 なお、9月30日(月)にシドニーのオペラハウスで開催された記念パーティーには、日本とオーストラリアの官公庁、経済界から来賓およそ250名が参加。CA(客室乗務員)の歴代制服がファッションショー形式で紹介されたほか、和太鼓の演奏も行われました。

羽田空港のオーストラリア発着枠を獲得

 CA制服のファッションショーは翌日、10月1日(火)のシドニー発成田行きJL772便出発前の搭乗ゲートセレモニーでも行われました。また、同便の搭乗者には、記念品がプレゼントされています。

「JALは2020年3月からの、羽田空港におけるオーストラリア発着枠を獲得しました。具体的な内容については、まだ検討の段階ですが、シドニーは最有力候補です。日本国内線への乗り継ぎも便利になると思うので、期待していてください」(JAL 豊島滝三専務)。

 この日のフライトは成田行きJL772便(195席)には、187人が搭乗しています。

関連記事(外部サイト)