稲城駅に「東京ヴェルディ」の接近メロディ! キャラクターも出席して記念式典 京王

稲城駅に「東京ヴェルディ」の接近メロディ! キャラクターも出席して記念式典 京王

接近メロディは、案内放送が流れる前に5秒ほど鳴動する(2019年10月2日、大藤碩哉撮影)。

京王電鉄が稲城駅に列車接近メロディを導入しました。曲は、「東京ヴェルディ」のテーマ曲とクラブソングです。導入初日は駅前広場で、稲城市長らによるテープカットや、地元の人を交えたじゃんけん大会などが行われました。

「けい太くん」らも登場

 2019年10月2日(水)、京王相模原線の稲城駅(東京都稲城市)に、「東京ヴェルディ」にちなんだ列車接近メロディが導入されました。

 東京ヴェルディは、稲城市をホームタウンとするプロサッカーチームクラブです。京王電鉄は列車接近メロディについて、1969(昭和34)年に創設された東京ヴェルディの50周年を記念するとともに、駅利用客や地域の人により親しんでもらえるよう導入したとしています。

 導入された列車接近メロディは、1番線(下り)がクラブソングの「With You」、2番線(上り)がテーマ曲の「Victory」で、それぞれ、列車が接近し案内放送が流れる前にホームで5秒ほど流れます。

 2日(水)午前11時から駅前広場で記念式典などが開催。稲城駅長、稲城市長、東京ヴェルディ社長による挨拶やテープカットが行われたほか、東京ヴェルディ社長から稲城駅長と稲城市長にサイン入り公式試合球が贈呈されました。

 また、京王電鉄のキャラクター「けい太くん」らも登場。一般の参加者を交えてじゃんけん大会や記念撮影が行われました。

 稲城駅の水嶋 努駅長は「通勤・通学で利用されるお客様に、稲城をホームに活躍する東京ヴェルディのテーマソングを聞いていただくことで、より地元に愛着を持っていただければ」と話しています。

関連記事(外部サイト)