東海道新幹線からの引退せまる700系に特別装飾「ありがとう」 JR東海・浜松工場公開で

東海道新幹線からの引退せまる700系に特別装飾「ありがとう」 JR東海・浜松工場公開で

引退を控え、特別な装飾がされた700系新幹線(2019年10月5日、恵 知仁撮影)。

東海道新幹線からの引退がせまる700系電車に、JR東海・浜松工場の一般公開イベント「新幹線なるほど発見デー」で、特別な装飾が施されました。

毎年恒例の一般公開イベント「新幹線なるほど発見デー」で

 700系電車が2020年春、東海道新幹線から引退します。

 それに関係する特別な装飾が、2019年10月5日(土)に1日目が開催されたJR東海・浜松工場の一般公開イベント「新幹線なるほど発見デー」で、700系電車に施されました。

「Shinkansen Series 700 HAMAMATSU 2019 ありがとう」の文字とその車両をデザインした装飾が、700系の「カモノハシ」とも表現される個性的な前面部に描かれています。

 700系は、1999(平成11)年3月に東海道・山陽新幹線で営業運転を開始。最高速度は285km/h(東海道新幹線では270km/h)と、当時最速だった500系電車(300Km/h)より低いものの、高い快適性や運用の利便性を持った車両として登場しました。

 なお、2019年の「新幹線なるほど発見デー」は10月5日(土)と6日(日)の2日間開催で、この装飾された700系のほか、新幹線のお医者さん「ドクターイエロー」、新型新幹線「N700S」の展示などを実施。入場は無料です。工場まで、浜松駅から無料のシャトルバスも運転されます。

関連記事(外部サイト)