ドクターイエロー車内へ JR東海・浜松工場「新幹線なるほど発見デー」に行った

ドクターイエロー車内へ JR東海・浜松工場「新幹線なるほど発見デー」に行った

923形「ドクターイエロー」。車内見学も事前応募制で可能だった(2019年10月5日、恵 知仁撮影)。

新幹線車両をメンテナンスするJR東海の浜松工場。その一般公開イベント「新幹線なるほど発見デー」に行ったところ「ドクターイエロー」車内に入れたほか、運転席や車内清掃など「普段は見られない新幹線」が多くありました。

駅では見られない「新幹線」の姿が

 JR東海の浜松工場で2019年10月5日(土)、一般公開イベント「新幹線なるほど発見デー」が開催されました。JR東海に所属する新幹線車両のメンテナンスなどを行う施設で、整備中の車両や珍しい車両の姿、普段は触れられない新幹線の裏側を見ることができました。10月6日(日)も開催されます。

 ダイヤが非公表なことから「見ると幸せになれる」ともされる、「新幹線のお医者さん」こと923形新幹線電気軌道総合試験車「ドクターイエロー」。このイベントは、それを確実に見られるのもポイントです。

「ドクターイエロー」車内へ! ステンレスの流し台!?

 923形電気軌道総合試験車「ドクターイエロー」は、事前応募制で車内見学も可能でした。

 2020年7月からの営業運転が予定されている新型車両「N700S」も展示されています。

次世代車両「N700S」登場&N700Aの運転台へ!

 N700Sは外観のみの展示。記念撮影の順番を待つ列ができていました。

 東海道新幹線における現在の主力車両「N700A」は、事前応募制で、運転席の見学も可能です。

 2020年春で東海道新幹線からの引退が予定されている700系では、特別な用意がありました。

ありがとう700系 「AMBITIOUS JAPAN!」

 1999(平成11)年の登場から20年。2020年春の東海道新幹線引退が迫り、残り少なくなったJR東海の700系には「ありがとう」の装飾が施されたほか、現役の運転士が先生の「ありがとう700系! 記念撮影&課外授業」というイベントも行われました。

 こうした車両などハード面のみならず、ソフト面の展示も実施されています。

ワゴンサービス、「魔法のホウキ」を体験

 車内販売やグリーン車のおしぼりサービス、東京駅で行われる車内清掃の体験も、事前応募制で行われています。

 JR東海の浜松工場一般公開イベント「新幹線なるほど発見デー」は10月6日(日)も開催され、入場は無料。浜松駅から無料のシャトルバスも走ります。

関連記事(外部サイト)