車内販売スマホ注文 上越新幹線で検証へ 席までデリバリー 列車ゆえの課題も JR東

上越新幹線の車内販売、スマートフォンで注文も 10月8日よりサービス検証

記事まとめ

  • 上越新幹線で、スマートフォンで商品を注文できるという車内販売サービスの検証を行う
  • 座席にあるQRコードを読み込み注文すると、各座席まで商品をデリバリーしてくれる
  • 今回の検証では、焼きドーナツや玄米茶など新潟に関する3種類の商品が注文できる

車内販売スマホ注文 上越新幹線で検証へ 席までデリバリー 列車ゆえの課題も JR東

車内販売スマホ注文 上越新幹線で検証へ 席までデリバリー 列車ゆえの課題も JR東

QRコードを使って注文すると、クルーが持ってきてくれる「『美食旅』新幹線 TRAIN DELI」(2019年10月7日、恵 知仁撮影)。

JR東日本グループが上越新幹線で、席に座ったままスマートフォンで商品を注文できる日本初という車内販売サービスの検証を行います。QRコードにより、座席番号の入力なしで各座席まで商品をデリバリー。新潟の味覚が楽しめます。

座席にあるQRコードを読み込んで

 車内販売のスタッフを待つことなく、スマートフォンで注文すると、自分の席に商品が届けられる――そんな「日本初」というサービスの検証が、2019年10月8日(火)より上越新幹線で始まります。

 ジェイアール東日本企画がこのたび開発した「座席認証&オーダーシステム」によるもので、乗客はグリーン車とグランクラスの各座席に用意されたQRコードをスマートフォンで読み取り、表示されたサイトで欲しい商品を注文。それを受けたサービスクルーが商品を各座席まで届ける、というものです。QRコードは席ごとに異なるものが用意されており、自分で座席番号を入力する必要はありません。

 これは、現在開催中である新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン「日本海美食旅(ガストロノミー)」の一環、「『美食旅』新幹線 TRAIN DELI」として実施されるものであるほか、JR東日本グループが経営ビジョンで掲げる「移動空間の価値向上」を目指したものでもあります。このたびの検証では、システムの利便性や使い心地について、また車内サービスの将来像策定にあたってのデータ収集を行うとのこと。

 今回の検証で注文できるのは、「にいがた和牛と八色しいたけのトマト煮込み」(820円)、「新潟県産いちじく『越の雫』の焼きドーナツ 越後味噌の焼きドーナツ 2個セット」(600円)、「『新之助』玄米茶」(150円)という新潟に関する3種類の商品です(月替わりで変更予定)。

 一般的な車内販売にある商品を、直接このシステムで注文することはできませんが、ジェイアール東日本企画の担当者は「今回の検証をもとに、将来どのようなサービスをご提供できるか、可能性を考えていければ」と話します。

実現には「列車」ゆえの課題も ポイントは進行方向

 各座席のQRコードが用意されるのは、グランクラスでは自分の席にあるポケットですが、グリーン車では自分の前にあるテーブル。テーブルは前席の背面に設置されているため、「自分の席を表すQRコードがあるのは、その前の座席」です。

 ここで問題になるのが、座席を回転させたとき。たとえば自分が3番A席に座っていたら、前の席は2番A席。この2番A席背面のテーブルやポケットにあるQRコードを使って注文すると「3番A席から注文した」ということになります。

 しかし、進行方向が変わって座席が反転すると、3番A席用だった2番A席背面のQRコードは、1番B席の前に来てしまいます(グリーン車の場合)。

 この問題について「座席認証&オーダーシステム」では、車両タイプごとの反転パターンを法則化。列車固有の番号(列車番号)をもとにそれが上り運行か下り運行かを判断し、独自の計算処理を行うことで解決したそうです。

 なお、QRコードは座席の位置のみならず、どの編成(列車)なのかも分かるようになっており、サービスクルーはその列車からの注文だけ受けられます。

 検証は12月26日(木)まで行われ、対象列車はE7系電車を使う新潟発12時35分の東京行き「とき320号」と、東京発15時16分の新潟行き「とき327号」です(グリーン車とグランクラスのみ)。

 注文ページには、商品に関する「生産者の声」や豆知識も紹介されています。

関連記事(外部サイト)